周りからの期待と重圧を一身に背負い続けた森友哉(大阪桐蔭)のラストサマー

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.21

大阪桐蔭時代の森友哉

 埼玉西武ライオンズの不動の正捕手、森 友哉。8月20日時点で.330とパリーグの首位打者となっている。高校時代は大阪桐蔭(大阪)で藤浪 晋太郎(阪神タイガース)と当時2年生ながらバッテリーを組み春夏連覇を達成した。

 その後は主将としてチームを牽引し、2013年高校3年生の夏は、初戦の日本文理戦で2本の本塁打を放つ活躍。初戦を幸先よく勝利するも、続く3回戦・明徳義塾戦では2年生エース・岸 潤一郎の前にわずか1点のみ。試合には1対5で敗れ、森の高校野球はここで幕と閉じることとなった。

 そんな森 友哉の、高校3年最後の試合となった2013年の3回戦、明徳義塾(高知)戦を振り返る。

 【レポートはこちら】

【関連記事】
ファーストを甘く見てはいけない!名将・馬淵史郎監督が考えるファースト論と練習方法とは? 【ニュース - コラム】
第50回 これをすれば失点は防げる! 明徳義塾(高知)の「一塁手守備練習」【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
角中、又吉のプロへの入口は独立リーグだった 2019年注目しておきたい独立リーガー 【ニュース - コラム】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明徳義塾vs藤蔭【第101回全国高等学校野球選手権大会】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【株式会社アシックス】グラブ作り体験や野球教室などの野球イベントを開催
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る