山川穂高は長距離砲の片鱗!高橋光成はライバル・脇本に敗れ涙 西武主力選手の高校最後の夏を振り返る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.15

埼玉西武ライオンズ・山川穂高選手(写真:共同通信)

埼玉西武ライオンズ主力選手の高校最後の夏は?【ヒーローの高校最後の夏】

 上位から下位まで破壊力抜群なことから「山賊打線」の異名を取る埼玉西武ライオンズ。その中心に座る山川穂高、源田壮亮、そして投手陣の中核を担う髙橋 光成らの、高校最後の夏を振り返りたい。

【3名の高校最後の夏の戦績】

▼山川穂高(中部商・2009年)
沖縄大会
1回戦 3対2 嘉手納
2回戦 4対1 浦添商
3回戦 10対2 美来工科
準々決勝 7対1 コザ
準決勝 5対3 沖縄水産
決勝 2対4 興南

▼源田壮亮(大分商・2010年)
大分大会
2回戦 10対0 別府青山
3回戦 8対1 大分上野丘
準々決勝 0対2 日田林工

髙橋 光成前橋育英・2014年)
群馬大会
2回戦 7対0 松井田
3回戦 2対6 健大高崎

 春の県大会を制し、九州大会出場、優勝候補として夏を迎えた山川。甲子園出場経験もある強豪校を次々に撃破し、臨んだ決勝戦だったが、決勝戦で興南に敗れ、涙を飲んだ。自身は大会2本塁打を記録するなど、長距離砲としての片鱗を見せた。

 3年春の県大会で準優勝をマークし、優勝候補として高校最後の夏を迎えた源田。3番・遊撃として試合に出場し、大会を通じて打率5割を超える活躍を見せたが、ベスト8で敗れ、甲子園出場はならなかった。

 2年夏にエースとして夏の甲子園初出場・初優勝を果たした高橋。4番投手として臨んだ3年夏は、3回戦で脇本 直人(元ロッテ)を擁する健大高崎と対戦。その夏の甲子園でベスト8に進出した健大高崎に敗れ、連覇の夢が途絶えた。

文・林 龍也

【応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

関連記事はこちらから
山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】
山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】
「記録に惑わされない思考力」高橋光成(前橋育英)
源田壮亮「自分の長所を知り伸ばし続けた守備の道」

【関連記事】
交流試合に出場する明豊、大分商の2校。両校の過去10回の対戦成績を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
1%の可能性を信じて待った大分商。独自大会を制し交流試合で有終の美を飾る! 【ニュース - 高校野球関連】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.3【沖縄の高校野球】
第2回 東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄【沖縄の高校野球】
第1回 高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続ける沖縄の野球vol.1【沖縄の高校野球】
第876回 最速142キロ右腕の最大の武器は安定したメンタル! 國吉 吹(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第442回 山川 穂高選手(埼玉西武ライオンズ)「まずはストレートを100パーセント打てる選手になろう」【後編】 【2016年インタビュー】
前橋育英vs日章学園【2014年 練習試合(交流試合)】
前橋育英vs日南学園【2014年 練習試合(交流試合)】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
明徳義塾vs鳥取城北の一戦を注目選手のプレーとともに速報!【甲子園交流試合】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る