仙台育英、鶴岡東、関東一がベスト16進出!【第101回選手権大会トーナメント表】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.14

第101回 全国高等学校野球選手権大会  トーナメント表

■8月6日~
第101回全国高等学校野球選手権大会


 8月14日、第101回全国高等学校野球選手権大会9日目は2回戦3試合が行われた。

 第1試合の仙台育英鳴門の試合は仙台育英が4点を先制し、その後も得点を重ねていく。対する鳴門は4回に一挙5得点を奪い1点差に詰め寄るも仙台育英の追撃に遭い2回戦敗退となった。

 第2試合の鶴岡東と選抜準優勝校・習志野の一戦は鶴岡東の、影山 雄貴池田 康平の投手リレーで、習志野打線を封じ9対5で鶴岡東が3回戦進出を決めた。

 3試合目の関東一熊本工の一戦は関東一土屋 大和が7安打完投と粘りのピッチングを見せ、オコエを擁した2015年以来のベスト16進出を決めた。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
【動画】夏の甲子園準V・星稜の練習に密着!強打を作り上げる3種の打撃練習とは? 【ニュース - 高校野球関連】
千葉市シニア出身の捕手争いに注目!中日・郡司裕也と石橋康太は互いに実戦でアピール 【ニュース - 高校野球関連】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
関東一vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
関東一vs駒込【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大鶴ヶ丘vs関東一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
関東一 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【愛媛】秋季県大会決勝!西条が5年ぶりの優勝を果たす!
次の記事:
総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る