同点を呼び込む好投 熊本工のエース・林彪太郎が持ち味を発揮

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.14

同点を呼び込む好投 熊本工のエース・林彪太郎が持ち味を発揮

 大会9日目、第3試合。関東一vs熊本工の一戦は関東一のエース・土屋 大和熊本工林 彪太郎の投げ合いとなった。

 まず紹介したいのは熊本工の林から。甲子園初登板となった林は熊本大会では3試合、13回を投げ、11失点とやや荒れた投球内容だったが、甲子園での林は左の好投手に相応しいものだった。投球フォームは右腕のグラブを高く掲げ、左腕をぶん回すオーバースロー。常時130キロ前半~138キロのストレートは角度があり、変化球は落差が鋭い110キロ後半の縦スライダーの切れが良く、ストレート、変化球を低めに集める投球。強力打線の関東一相手に3回まで被安打1。エラーから1点を失ったが、後続を締めた。

 ここまでのピッチングを見ると、11失点を喫した熊本大会よりも、内容は良く、甲子園の舞台で自分の投球を実現できている。
 チームも4回表に同点に追いつき、士気はどんどん上がっている。中盤以降も好投を続け、勝利を呼び込んでいきたい。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
高校野球にも地域性はあるのか? 甲子園優勝監督が違いを語る「九州の野球」と「関東の野球」 【ニュース - 高校野球関連】
石川昂弥が沖縄電力戦で適時二塁打!高卒新人離れした打撃技術と「見下ろしマインド」が好結果を生む 【ニュース - 高校野球関連】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第12回 2019年、沖縄の高校野球応援歌で流行ったブラバンは何?【沖縄の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
鶴岡東vs青森山田【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
習志野vs拓大紅陵【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
影山 雄貴(鶴岡東) 【選手名鑑】
鶴岡東 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【愛媛】秋季県大会決勝!西条が5年ぶりの優勝を果たす!
次の記事:
総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る