同点を呼び込む好投 熊本工のエース・林彪太郎が持ち味を発揮

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.14

同点を呼び込む好投 熊本工のエース・林彪太郎が持ち味を発揮

 大会9日目、第3試合。関東一vs熊本工の一戦は関東一のエース・土屋 大和熊本工林 彪太郎の投げ合いとなった。

 まず紹介したいのは熊本工の林から。甲子園初登板となった林は熊本大会では3試合、13回を投げ、11失点とやや荒れた投球内容だったが、甲子園での林は左の好投手に相応しいものだった。投球フォームは右腕のグラブを高く掲げ、左腕をぶん回すオーバースロー。常時130キロ前半~138キロのストレートは角度があり、変化球は落差が鋭い110キロ後半の縦スライダーの切れが良く、ストレート、変化球を低めに集める投球。強力打線の関東一相手に3回まで被安打1。エラーから1点を失ったが、後続を締めた。

 ここまでのピッチングを見ると、11失点を喫した熊本大会よりも、内容は良く、甲子園の舞台で自分の投球を実現できている。
 チームも4回表に同点に追いつき、士気はどんどん上がっている。中盤以降も好投を続け、勝利を呼び込んでいきたい。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
第6回 飯塚 脩人(習志野)リリーフで強みを発揮する剛腕!日本代表でも窮地を救うピッチングを見せる!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
そうそうたるメンツ!過去10年の優勝校エースの現在地 【ニュース - コラム】
ドラフト戦線へ滑り込み!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀に注目! 【ニュース - コラム】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
鶴岡東vs習志野【第101回全国高等学校野球選手権大会】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
鶴岡東vs高松商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
習志野vs八千代松陰【千葉県 2019年夏の大会 第101回選手権千葉大会】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】 【2018年インタビュー】
影山 雄貴(鶴岡東) 【選手名鑑】
鶴岡東 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
21世紀枠候補46校一覧!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る