智辯和歌山打線が本領発揮!細川・根来・東妻が本塁打!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.13

根来塁(智辯和歌山)

智辯和歌山打線が本領発揮!細川・根来・東妻が本塁打!

 智辯和歌山打線が7回に本領発揮した。

 6回終わって0対1で負けていた智辯和歌山だが、まず1番・黒川 史陽の内野安打で同点に追いつくと、2番・細川 凌平の豪快な3ランで逆転。高めのボールを振りぬいた細川はこれまでボールをとらえる能力が高く、ヒット性の当たりが多かったが、2年生になって打球にも角度が出るようになったことで、逆転のホームランが生まれた。

 そして二死一塁となったところで5番・根来 塁にも2ランが飛び出す。重心を低くして構えて、力みが入っていない独特の構えから、内角に浮いた変化球をさばいてライトスタンドへ放り込んだ。打てるポイントが広く、広角に打ち分けるバットコントロールが良い根来だが、打った球種は見送ってもボール球。無理に打つ球ではないが、それをホームランにしてしまう根来の技術がずば抜けている。

 そして全国屈指の強打の捕手・東妻 純平は1ボール1ストライクからの外角のボールを押し込んでバックスクリーン右に打ち込むホームランで追加点を上げた。

 チームはこれで3回戦に進出。次は大会NO.1ピッチャーと呼び声高い奥川 恭伸擁する星稜との一戦となった。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
大阪勢の過去の甲子園優勝チームの顔ぶれ!通算14回目の優勝は圧倒的 【ニュース - コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
ドットコム編集部が選んだ、応援歌ベストナインを発表! 【ニュース - コラム】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第963回 2019年のU-18代表は史上最強の投手陣だ!過去5年間と比較すると?【大会展望・総括コラム】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
明徳義塾vs藤蔭【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs粉河【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1018回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る