智辯和歌山打線が本領発揮!細川・根来・東妻が本塁打!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.13

根来塁(智辯和歌山)

智辯和歌山打線が本領発揮!細川・根来・東妻が本塁打!

 智辯和歌山打線が7回に本領発揮した。

 6回終わって0対1で負けていた智辯和歌山だが、まず1番・黒川 史陽の内野安打で同点に追いつくと、2番・細川 凌平の豪快な3ランで逆転。高めのボールを振りぬいた細川はこれまでボールをとらえる能力が高く、ヒット性の当たりが多かったが、2年生になって打球にも角度が出るようになったことで、逆転のホームランが生まれた。

 そして二死一塁となったところで5番・根来 塁にも2ランが飛び出す。重心を低くして構えて、力みが入っていない独特の構えから、内角に浮いた変化球をさばいてライトスタンドへ放り込んだ。打てるポイントが広く、広角に打ち分けるバットコントロールが良い根来だが、打った球種は見送ってもボール球。無理に打つ球ではないが、それをホームランにしてしまう根来の技術がずば抜けている。

 そして全国屈指の強打の捕手・東妻 純平は1ボール1ストライクからの外角のボールを押し込んでバックスクリーン右に打ち込むホームランで追加点を上げた。

 チームはこれで3回戦に進出。次は大会NO.1ピッチャーと呼び声高い奥川 恭伸擁する星稜との一戦となった。

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

【関連記事】
侍ジャパンU-18日本代表 馬淵 史郎監督 高校野球ドットコム単独取材で「馬淵ジャパン」の青写真語る! 【ニュース - 高校野球関連】
高校日本代表監督に、明徳義塾・馬淵史郎監督!ヘッドコーチ、コーチを含め、全て甲子園優勝監督!! 【ニュース - 高校野球関連】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
「初戦は苦しかったですね」接戦となった侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表をレポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る