横浜DeNAベイスターズ主力選手の高校最後の夏は?【ヒーローの高校最後の夏】

 夏場に入り調子を上げ、セ・リーグの2位を走る横浜DeNAベイスターズ。侍ジャパンの主砲・筒香 嘉智や、今永 昇太ら、今や球界を代表する選手も多く活躍しているが、彼らも元を辿れば高校球児だ。今回は筒香、今永、そして今季ブレイクを見せる神里 和毅らの高校最後の夏を振り返りたい。

【主力3名の高校最後の夏の戦績】

▼筒香嘉智(横浜・2009年)
神奈川大会
2回戦 8対1 横須賀明光
3回戦 6対0 横須賀総合
4回戦 9対3 相模原総合
5回戦 12対9 東海大相模
準々決勝 9対10 横浜隼人

▼今永昇太(北筑・2011年)
福岡大会
1回戦 6対0 北九州高専
2回戦 2対1 戸畑
3回戦 6対0 北九州市立
4回戦 1対2 小倉

▼神里和毅(糸満・2011年)
沖縄大会
2回戦 3対1 宜野座
3回戦 6対2 知念
準々決勝 8対1 名護
準決勝 6対4 沖縄尚学
決勝 2対1 中部商
選手権
1回戦 1対4 英明(香川)

 今や日本の主砲として世界にその名を知られる筒香は、名門・横浜で1年春から4番を務め、2年春、2年夏に甲子園出場。夏には聖光学院戦で満塁弾を含む2本塁打、1試合個人最多タイとなる8打点をマークする活躍を見せた。しかし高校最後の夏は、神奈川大会準々決勝で横浜隼人と対戦。終盤に6点差を追いつくも、延長10回に自らの失策をきっかけにサヨナラ負け。聖地の土を踏まずに大会を去った。

 昨季の不振からは一転、今季はエースとしての活躍を見せている今永は、福岡の進学校・北筑出身。練習時間は3時間できれば良い方という環境の中、工夫を凝らして練習し、ストレートは140キロに達していた。最後の夏は1回戦から4回戦までほぼ一人で投げ抜くも、4回戦で小倉高校に1対2で敗れ、甲子園出場はならなかった。

 日本生命から入団し2年目の今季、ブレイクを見せている神里は、当時、まだ甲子園出場経験のなかった糸満で1番中堅手として活躍。3年夏には沖縄大会決勝戦で多和田 真三郎(西武)擁する中部商を倒し、同校初の甲子園出場に導いた。甲子園では初戦で英明に敗れ、自身も3打数無安打に終わった。

【応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

関連記事はこちらから
筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「正しいスイングこそ理想の打撃の近道だ」【前編】
筒香 嘉智選手(横浜DeNAベイスターズ)「逆方向の本塁打増加はロングティーと置きティーにあり!」【後編】
「練習時間は僅か2時間半。考える習慣をつけた」駒澤大学 今永 昇太選手(北筑出身)
「限られた環境で頂点を掴む方法」糸満高校野球部訪問