黒川、東妻が甲子園に帰ってくる!智弁和歌山が3年連続24回目の切符

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.29

先頭打者本塁打を放った黒川史陽(写真は春季大会)

 7月29日、第101回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会は決勝戦が行われ、智辯和歌山那賀を12対1で破って3年連続24回目の甲子園出場を決めた。

 智辯和歌山は初回、黒川 史陽の先頭打者ホームランで先制すると、その後も自慢の強力打線が力を見せて得点を重ねる。圧倒的な力を見せた智辯和歌山は、投手陣も小林 樹斗、矢田、中西、池田陽佑の継投で繋ぎ、5季連続、そして3年連続24回目の甲子園出場を決めた。

 昨夏の甲子園後から監督に就任した中谷仁監督にとって、夏の甲子園で采配を振るうのは初めてとなる。全国屈指の打線だけでなく、その采配にも注目だ。

(文=編集部)

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会和歌山大会
■開催期間:2019年7月12日~7月28日(予定)
■展望コラム【智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】】

【関連記事】
第950回 佐々木、奥川、西らの世界クラスのU18投手陣「9名」を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
甲子園最速記録保持者・佐藤由規の最後の夏は大記録とともに去っていった 【ニュース - 高校野球関連】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
国体出場12校が決定!熱戦の智辯和歌山、星稜などが出場! 【ニュース - 高校野球関連】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】【大会展望・総括コラム】
第40回 コントロール重視で150キロを出すまでになった池田陽佑(智辯和歌山)の確固たるプロセス【101回大会特集】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1025回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs粉河【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1023回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs和歌山南陵【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
第1025回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1023回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1024回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯和歌山 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
第11回 学校訪問「宇土高等学校」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る