静岡高校が7回裏に逆転!駿河総合を下し、4年ぶりの甲子園!!

 7月29日、静岡大会決勝戦が開催され、静岡駿河総合を下し、4年ぶりの甲子園出場を決めた。

 大会前から本命不在と呼ばれ、4強の時点で私立校が全滅となった静岡県を制したのは静岡だった。

秋は東海大会に出場したものの、春は中部地区予選初戦敗退と苦しい時期を過ごしたが、夏前にしっかりとチームを仕上げ、浜松商東海大静岡翔洋浜松工を下し、決勝進出を決めた。決勝の相手はプロ注目の遊撃手・紅林擁する駿河総合。序盤に2点を先行されたが、7回裏に3点を返し、逆転に成功。そのリードを守り切り、見事に4年ぶりの甲子園出場を決めた。

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会静岡大会
■開催期間:2019年7月7日~7月27日(予定)
■展望コラム【静岡商や浜松商の古豪復活か、それとも加藤学園など新勢力台頭か?!令和最初の静岡大会は混迷極める【静岡大会展望】】