履正社vs金光大阪の決勝戦のポイントは「序盤勝負」!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.29


清水大成(履正社)今春の大阪大会 大阪商業大高戦で撮影

 大阪大会決勝戦は履正社金光大阪の対決となった。
 このカードは3年ぶりであり、その時は履正社が圧勝しているが、今回は接戦が期待できそうだ。というのは、今年は投手陣の顔ぶれが充実していること。前回は末友 雄梧という好投手1人しかいなかったが、今年は125キロ前後ながら、伸びのある直球を投げ込む左腕・辻本 湧斗、130キロ中盤の速球を投げ込む右腕の鯵坂 由樹の2人がいること。さらに昨年投げた一塁手の久下奨太も控えている。6試合で49得点を挙げている履正社打線を最小失点に抑えるには小刻みな継投策が必要となりそうだ。

 打線は、久下、準決勝で本塁打を打った鰺坂を中心に巧打者が多い。勝ち進むごとに能力を発揮しており、横井一裕監督も驚きの打撃内容となっている。となると予想以上の打撃を見せるしか履正社に立ち向かう方法はない。

 履正社岩崎 峻典清水 大成の2枚看板。決勝戦ということで清水の先発登板が予想されるが、清水はリリーフで140球を投げている。少なくともその影響は出てくるはず。岩崎は決勝戦の緊張感、清水は連投の影響から本来の速球を投げられないということで、多少の失点は覚悟したほうがよい。そこで、岩崎、清水を上回るポテンシャルを持つ長身右腕・田淵 一樹(2年)の登板の可能性もあるかもしれない。

 打線はクリーンナップの小深田 大地井上 広大内倉 一冴の3人は好調で、どれだけ走者が溜められるということになるが、1番・桃谷 惟吹の働きが大きなカギとなるだろう。履正社としては序盤、接戦になっても突き放しつつ、自分たちのペースに持ち込む野球を見せていきたい。

 金光大阪としては序盤にどれだけ仕掛けて、主導権を握るかにかかっているだろう。

(文=河嶋 宗一

【関連記事】
組み合わせ決定!夏・春連覇を目指す履正社の初戦の相手は? 【ニュース - 高校野球関連】
日本記録樹立!!ミスタートリプルスリー・山田哲人の履正社時代に迫る 【ニュース - コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第97回 履正社 (大阪)編「大阪桐蔭に並ぶ強豪校となった履正社のつながり」2019版【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第962回 【決勝戦展望】履正社vs星稜の勝負のポイント&キーマンとなる選手は?【大会展望・総括コラム】
第57回 エポックメイク・星稜!昭和~平成と劇的な敗退を重ねてきた星稜が令和最初の夏に生むストーリーは?【101回大会特集】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs津田学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第969回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
第965回 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける 【2019年インタビュー】
第953回 立教大の阿部慎之助となる!正捕手を目指し、野心を燃やす片山悠(立教大) 【2019年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
近大附 【高校別データ】
金光大阪 【高校別データ】
東海大仰星 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
近畿大会1回戦勝利の大阪桐蔭、今日は日体大と練習試合
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る