花咲徳栄女子硬式野球部の主将・斎藤玲さんが「お兄ちゃんの真似」から手にしたゼットのグラブ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.30

愛するグラブを持つ斎藤玲さん(花咲徳栄女子硬式野球部)

【斎藤玲さんのグラブをもっと見る】

 女子高校野球の名門として実績を残し続けている花咲徳栄女子硬式野球部。チームの目標はもちろん全国制覇であるが、そんな花咲徳栄女子硬式野球部を主将として引っ張っているのが斎藤玲さんだ。

 兄の影響で野球を始めたと話す斎藤さんは、秋田県の由利本荘市出身で、本荘南中代は野球部に所属していた。卒業後も野球を継続したという思いから、全国の女子野球部のある高校を探し、その中から花咲徳栄への入学を決心した。

 「私はお兄ちゃん子で、昔からお兄ちゃんの色んなものを真似していました。そうするうちに、好みも兄に似ていきました」

 兄の存在は非常に大きく、幼いころから様々な面で兄の背中を追ってきたと話す斎藤さん。その思いはグラブのチョイスにも表れた。



斎藤玲さんのグラブ

 「 ゼットのグラブを選んだ理由も、お兄ちゃんがゼットのグラブを使っていて格好いいなと思ったからです。お兄ちゃんはピッチャーでした」

 実はこのグラブ、斎藤さんが3年生になった時に購入したもので、またそれほど月日は経っていない。それでも春からグラブの手入れは毎日行い、型付けも入念に行ったことで、現在では非常に捕球がしやすく、使いやすいグラブに仕上がった。

 「型をつけるのは大変でしたが、それでも自分の思うようにできるのは楽しみでもありました。ポジションはショートをやっているので、上手にちゃんと全部取れるようにと思いながら型をつけました」

 高校卒業後は、大学で野球を続けることも視野に入れている斎藤さん。まずは新しい相棒と共に、チームの目標である全国制覇に向かって突き進む。

(取材・栗崎 祐太朗)

【関連記事】
第645回 「私たちも続かなくては」男子の全国制覇を見届け、固めた決意 花咲徳栄高校女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】

コメントを投稿する

前の記事:
【速報】春季東京都大会決勝戦!関東一vs二松学舎大附の模様を速報!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る