白熱の投手戦を制した近江!挑戦者・光泉を下し甲子園へ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.26

白熱の投手戦を制した近江!挑戦者・光泉を下し甲子園へ!

 第101回 全国高等学校野球選手権滋賀大会は26日、決勝戦で近江光泉の一戦が行われた

 この一戦は決勝にふさわしい投手戦へ。近江林 優樹-有馬 諒バッテリー、そして光泉吉田 力聖-フェントン・ライアンのバッテリーが7回まで無失点のゲームを作る。

 均衡を崩したのは8回、近江が何とか1点をもぎ取り逃げ切り。光泉の挑戦を破り、近江が甲子園行きを決めた。

コメントを投稿する

前の記事:
【高校野球 秋季大会】 秋季四国大会、組み合わせ決まる!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る