ヤクルト期待の大砲候補「右の濱田太貴」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.27

 7月23日のロッテ戦で左太もも裏を痛め登録を抹消されていた今宮 健太(ソフトバンク)が、戦列に復帰した。なんと今宮は、復帰第1打席で4年連続となる2桁本塁打をマーク。その後の松田宣浩、デスパイネの3者連続本塁打の呼び水となった。

 そんな今宮は大分県の明豊高校出身だ。同校は別府大付属高校と明星高校が合併し、1999年4月に開校した比較的新しい学校である。今宮は明豊高となってから初めてのプロ野球選手でもあった。その後、なかなか支配下でプロ入りを果たすは現れなかったが、昨年のドラフトで初めて「後輩」ができた。

 ヤクルトに4位指名された濱田 太貴である。

高卒1年目からファームで好成績



高知時代の濱田太貴

 濱田は高卒ということもあり、ここまで一軍への昇格はなくファームで汗を流している。ファームでは64試合の出場で打率.285(172打数49安打)、6本塁打、27打点と高卒1年目としては上々の数字を残している。

 濱田は規定打席に到達しておらず、現時点で打撃ランキングには入らない。しかし、2年目の安田 尚憲や大卒でドラフト2位のルーキー伊藤裕季也の数字を上回っているのは心強い。

 一方で外野を守っているが粗さがあり、現時点において一軍レベルにあるとはいいがたい。打撃を磨くのはもちろんだが、守備面でもスキルアップを果たさなければ一軍昇格はむずかしいだろう。

 とはいえ、これだけの打撃成績を残しているのは魅力的。ヤクルトは高卒2年目の村上 宗隆、ルーキーの中山 翔太といった長距離砲候補が、守備面の不安がありながらも一軍に昇格していった。濱田も結果を残すことで、道は拓けるだろう。

 ヤクルトは高卒の打者をタイプ問わず、主力へと成長させた実績がある。山田 哲人川端 慎吾、畠山和洋、中村 悠平と2015年の優勝メンバーは生え抜き高卒組が主軸を務めていた。その後も村上が育ちつつあり、濱田も同様の期待がかかっている。

 左の村上、右の濱田と高卒の大砲コンビが一軍で結果を残す日を楽しみに待ちたい。

※数字は2019年7月28日終了時点

(記事・勝田 聡)

関連記事はこちらから
濱田 太貴(明豊) 「相手投手に投げる球がない打者と思わせたい」
濱田 太貴(明豊)ミレニアム年代の主砲が語る「理詰めの長打論」

【関連記事】
明豊、仙台育英、日本ウェルネスなどの強豪が快勝。昨夏甲子園出場の長崎海星はコールド負け 【ニュース - 高校野球関連】
今宮健太(明豊出身)が通算300犠打を達成!達成者7名の出身校を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第114回 明豊・川崎絢平監督が3年生へ想いを語る。「教育者として生徒の心が折れたままで卒業をさせない」【高校野球コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
常磐大高vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第924回 センバツで開花せよ!アベレージヒッター&ユーティリティプレーヤー・野邊 優汰(明豊)! 【2019年インタビュー】
濱田 太貴(明豊) 【選手名鑑】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【東東京】帝京、関東一が完封勝ちで8強入り!城東、日大豊山も快勝<2日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る