近江が滋賀大会を制し令和初の王者!【選手権滋賀大会 26日結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.26

近江が滋賀大会を制し令和初の王者!【選手権滋賀大会 26日結果】

 本日、第101回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会は、決勝戦が行われた。

 近江対光泉の試合は、侍JAPAN候補林 優樹対プロ注目右腕吉田 力聖の投げ合いとなった、

 お互い両投手がテンポよく投げ、同点で迎えた8回裏、2死2塁から近江3番の住谷 湧也のタイムリーで先制すると9回表、林が四球と安打を与えるものの光泉打線を抑え甲子園出場を決めた。

■組み合わせ・応援メッセージ
第101回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会

◇26日の試合結果

第101回 全国高等学校野球選手権 滋賀大会
決勝 近江   1  -  0   光泉 皇子山球場 応援メッセージ (2)
【関連記事】
光泉カトリックvs北大津【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するものとは? 【ニュース - インタビュー】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
黄金期!?近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】 【ニュース - コラム】
第1014回 黄金期に入りつつある近江(滋賀)はどうして滋賀王者であり続けることができるのか【前編】【野球部訪問】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs立命館守山【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
東海大相模vs近江【第101回全国高等学校野球選手権大会】
近江 【高校別データ】
光泉 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
新型コロナで苦しい状況の中、全日本野球協会 山中会長からがメッセージを発信
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る