花巻東が大勝で初の連覇!大船渡の夏は決勝で終わる【選手権岩手大会・25日の結果】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.25

花巻東が大勝で初の連覇!大船渡の夏は決勝で終わる【選手権岩手大会・25日の結果】

 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会は25日、決勝戦が行われた。

 連覇を狙う花巻東が、35年ぶりの大願成就なるか。大船渡は前日の準決勝で完封したエース・佐々木 朗希は先発を回避。マウンドには右腕、柴田 貴広(3年)。花巻東の先発は左腕の中森 至だった。

 初回、花巻東が柴田に襲い掛かり2点を先制する。その裏、大船渡は中森から1点を奪う。しかし花巻東の打線は勢い衰えず、2回、3回、5回と徐々に突き放し、終盤まで攻撃の手を緩めることなく大船渡の投手陣を完全に攻略した。大船渡は9回に1点を返すも、リリーフした花巻東のエース・西舘 勇陽に屈した。

 結果、12対2で花巻東が2年連続10回目の優勝を果たした。

 25日の決勝の結果は以下の通り。

【選手権岩手大会】
大会日程・応援メッセージ

◇25日の試合結果

第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会
決勝戦 花巻東 12  -  2   大船渡 岩手県営野球場 レポート 応援メッセージ (12)
【関連記事】
花巻東OB・菊池雄星が駆け抜けた、エースの責任を背負った最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か? 【ニュース - コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第45回 記録と記憶を残した佐々木朗希が駆け抜けた大船渡での最後の夏【101回大会特集】
第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】【大会展望・総括コラム】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第20回 甲子園は奥川、鈴木、前ら目玉投手だけではなく、様々な長所を持った好投手たちに注目!【101回大会特集】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1015回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
中森 至(花巻東) 【選手名鑑】
西舘 勇陽(花巻東) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
今年の近畿大会より改定になったベンチ入り人数、「20名」は各チームにどのような影響があるのか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る