東海大相模が、ハイレベルな神奈川大会準々決勝を制してベスト4進出を決めた。
 東海大相模は2回、主将の遠藤のタイムリーで先制点を挙げると、3回には、4番の山村 崇嘉にライトスタンド上段への特大のツーランホームランが飛び出し2点を追加する。相洋の2年生好投手・本田眞也を攻めて試合の主導権を握る。

 投げては先発の冨重 英二郎が5回途中を1失点(自責点2)と試合を作り、背番号10の紫藤 大輝へとバントを繋ぐ。紫藤はこのリードをしっかりと守り、試合は5対2で東海大相模が勝利し、ベスト4進出を決めた。

(記事・栗崎 祐太朗)