成績も、球速も圧巻な佐々木朗希!ドットコムスピードガンの最速と平均球速は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.24

成績も、球速も圧巻な佐々木朗希!ドットコムスピードガンの最速と平均球速は?



大船渡・佐々木朗希

 佐々木 朗希(大船渡)が準決勝の一関工戦で圧巻の15奪三振完封勝利を挙げた。これで3試合連続二けた奪三振、29回を投げて、51奪三振、2失点、防御率0.55と圧巻のピッチングだ。

 注目を浴びる佐々木 朗希の球速。準決勝の最速は157キロだった。ただ、岩手県営野球場は結構スピードが出やすい球場で、現場の指導者も選手もそう感じているようだ。

 高校野球ドットコムでも佐々木の球速を計測したが、確かに岩手県営野球場は手元のスピードガンで3~7キロも速く出ることがあった。ではドットコムのスピードガンでは佐々木の平均球速・最速はどうだったのか?

結果は以下の通りである。

ストレート 最速154キロ 62球中 19球が150キロ超え!
中2日ということで、佐々木は「連投して投げるよりも、良い状態で投げることができました」でコメントしたように、ボールの走りもよかった。そして平均球速は147.33キロと、9イニング投げてこの平均球速はとんでもないスピードである。プロの先発投手と比較しても遜色ないスピードである。

 ちなみに9イニングの最速は以下の通りである。
【1回】153キロ
【2回】150キロ
【3回】148キロ
【4回】153キロ
【5回】146キロ
【6回】154キロ
【7回】154キロ
【8回】150キロ
【9回】151キロ
球速が出にくいスピードガンでこれほどの球速が出るのだから、やはり佐々木は別格の逸材。だからこそ大事に起用法を考えないといけない投手だ。

【 試合経過ページをもう一度見る 】

■大会日程・応援メッセージ
第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会

関連記事はこちらから
【逸材レポート】佐々木朗希(大船渡)平均球速が初戦から5キロアップ!ノーヒットノーランのピッチングを徹底分析!
最速155キロ!底が見えぬ佐々木朗希が圧巻投球でノーノー達成!
【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ
2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと
花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】【逸材レポート】佐々木朗希の初戦ピッチングを球種別に徹底分析!

【関連記事】
160キロの豪速球と共に終わった佐々木朗希の夏を振り返る 【ニュース - コラム】
第45回 記録と記憶を残した佐々木朗希が駆け抜けた大船渡での最後の夏【101回大会特集】
世界をねじ伏せる剛腕9人はこれだ!ドットコムが選ぶU-18代表投手9名! 【ニュース - コラム】
第950回 佐々木朗希、奥川恭伸ら超注目投手など9名をピックアップ!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【投手編】【大会展望・総括コラム】
第221回 2019年 佐々木朗希や赤坂諒など地方大会でキラリと光ったドラフト候補15名の投手たち【ドラフト特集コラム】
第6回 決勝戦で登板回避の佐々木朗希 監督が語ったその理由【101回大会特集】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第5回 「大船渡を選んでよかった」佐々木朗希、高校野球最後の日に語った言葉【101回大会特集】
大船渡vs一関工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
東日本国際大昌平vs大船渡東【2017年春の大会 第64回(平成29年度春季)東北地区高等学校野球大会】
盛岡大付vs大船渡東【岩手県 2011年夏の大会 第93回岩手大会】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
大船渡 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
今年の近畿大会より改定になったベンチ入り人数、「20名」は各チームにどのような影響があるのか?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る