大船渡・佐々木朗希9回15奪三振


 24日、佐々木 朗希擁する大船渡は準決勝を迎えた。佐々木はこの試合、先発のマウンドに上がる。

 大船渡打線は序盤から佐々木を援護。3回までに4点を先制。 佐々木は球場内では最速157、手元のガンで最速155キロを計測したストレートと、130キロ前半のスライダー、135キロ前後のフォークで三振の山を築きこの試合15奪三振。完封で一関工を下した。

 決勝戦では強豪・花巻東と対戦する。

【 速報ページはこちら 】

■大会日程・応援メッセージ
第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会

関連記事はこちらから
【逸材レポート】佐々木朗希(大船渡)平均球速が初戦から5キロアップ!ノーヒットノーランのピッチングを徹底分析!
最速155キロ!底が見えぬ佐々木朗希が圧巻投球でノーノー達成!
【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ
2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと
花巻東、盛岡大附の2大勢力がリードか?佐々木朗希擁する大船渡にも注目!【岩手大会展望】【逸材レポート】佐々木朗希の初戦ピッチングを球種別に徹底分析!