強打の鶴岡東vsバランスのとれた山形中央か?山形大会決勝へ勝ち残った2校の実力を徹底解説!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.24


大井光来(鶴岡東)

強打の鶴岡東vsバランスのとれた山形中央か?山形大会決勝へ勝ち残った2校の実力を徹底解説!

 山形大会も決勝へ進んだ2チームが出揃い、本日24日に決勝が行われる。ここで2チームについて迫っていきたい。

鶴岡東VS 山形中央
春の東北大会ベスト4の鶴岡東は全国トップクラスの強力打線を誇る。山下 陽生丸山 蓮大井 光来を中心に本塁打を打てる打者が多く、準決勝・山形工でも13得点と爆発した。どこからでも長打で点を奪うことができる打線で頂点を目指す。
山形中央日大山形を下してのベスト4。太田 大和、村上 舜の投手陣の活躍が光り、打線では武田 将太、渡部 大成を中心とした打線も破壊力があり、投打ともにバランスが取れている。準決勝は6対4で東海大山形を下したが、決勝戦の鶴岡東の強力打線を抑えられるか。

コメントを投稿する

前の記事:
公式練習のない近畿大会、球児のために導入を考えるべき!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る