秋の東北王者・八戸学院光星が春の東北王者・弘前学院聖愛を下し、3季連続甲子園!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.23


秋の東北王者・八戸学院光星が春の東北王者・弘前学院聖愛を下し、3季連続甲子園!

 本日決勝戦を迎えた青森大会。秋の東北王者・八戸学院光星と春の東北王者・弘前学院聖愛の一戦。初回に八戸学院光星が8点を奪うと、2回にも点数を奪って9対0。リードを広げると、中盤に弘前学院聖愛が反撃。4点を奪われるも、終盤に八戸学院光星が点数を重ねて12対4で八戸学院光星が3季連続甲子園を決めた。

関連記事はこちらから
■開催期間:2019年7月9日~7月23日(予定)2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会青森大会
■展望コラム【八戸学院光星と青森山田が3回戦で激突!弘前学院聖愛は順調に勝ち上がれるか?【青森大会展望】】
2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る
【選手名鑑】大会6本塁打 近藤 遼一
【選手名鑑】大会5本塁打 原 瑞都

コメントを投稿する

前の記事:
東海大静岡翔洋がコールド勝利で3回戦へ【選手権静岡大会・17日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る