地方大会1回戦敗退からプロ入り! 西武・平良海馬が初登板 

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.23

 7月19日の西武対オリックスの試合で楽しみな選手がデビューを果たした。西武の平良 海馬である。

 平良は2017年ドラフト4位で沖縄県の八重山商工から西武へと入団した高卒2年目の右腕だ。ルーキーイヤーの昨シーズンはファームで10試合に登板し、16.2回を投げ防御率5.40の成績を残していた。

 防御率だけをみると今ひとつだが、平良の売りは奪三振能の多さにある。投球回数を上回る21奪三振をマークしており、K/9(1試合で何個の三振を奪うかを表す指標)は11.34と高水準を記録していたのだ。

 一方で与四球は17個。こちらも投球回数を上回っており、BB/9(1試合に何個の四球を出すかを表す指標)は9.18。お世辞にも制球が良いとは言えなかった。

 しかし2年目の今シーズンは7試合で16回を投げ、防御率1.13、22奪三振(K/9:12.38)、7四球(BB/9:3.94)とすべての数字で1年目を上回ったのである。

 7月8日に一軍へ昇格してからなかなか出番がなかったものの、満を持して登板した先のオリックス戦では1回無失点と上々の投球内容だった。すぐに登録を抹消されていないことからみても、中継ぎとして一軍で経験を積むことになりそうだ。

全国大会出場経験なし、最後の夏は地方大会1回戦敗退



八重山商工時代の平良海馬

 そんな平良は、八重山商工時代に甲子園をはじめとした全国大会への出場経験はない。それどころか3年夏の沖縄大会では、1回戦で敗退している。ドラフト会議で指名される多くの選手は甲子園へ出場、もしくは県大会で上位に入るような成績を残していることがほとんど。しかし、平良にそういった実績はひとつもなかった。

 にもかかわらず、ドラフトで指名を受け2年目にして一軍初登板の舞台をつかんだのである。

 今年も各地で全国高校野球選手権大会へ向け、49地区で熱い戦いが繰り広げられている。各地区で敗退し甲子園の舞台に届かなかった、それも初戦敗退の学校にだって未来のプロ野球選手が潜んでいる可能性はある。そんな「夢」を平良が教えてくれた。

<今シーズン成績>
平良海馬(西武)
(一軍)2試合/0勝0敗/2回/奪三振0/与四球1/防御率0.00
(二軍)7試合/1勝0敗/16回/奪三振22/与四球7/防御率1.13

※数字は2019年7月22日終了時点

(記事・勝田 聡)

関連記事はこちらから
平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】
平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】

【関連記事】
家から近いから?!高校進学にはたくさんの逸話やドラマがある 【ニュース - その他】
高校時代は9番打者?!西武ライオンズ3位・山野辺翔選手に学ぶ「大器晩成」の歩み 【ニュース - その他】
第184回 初めてのシーズンが終了!清宮ら高卒組の1年目はどうだった?【ドラフト特集コラム】
第7回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【埼玉西武ライオンズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第80回 八重山商工(沖縄)編「大嶺兄弟の母校!離島初の甲子園勝利チームのつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
第543回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【前編】 【2017年インタビュー】
第62回 【どこよりも早い!ドラフト2017】 2017年はスラッガーの年だ!清宮 幸太郎、安田 尚憲など大暴れを期待したい逸材たち【ドラフト特集コラム】
第427回 3連休は高校野球真っ盛り!注目度が高い5カードの見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第413回 鹿取 義隆氏【後編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第264回 東北楽天ゴールデンイーグルス 松井 稼頭央選手 「高校時代に学んだ自主トレーニングの組み立て方」 【2015年インタビュー】
第78回 西武ライオンズ 菊池雄星選手 【2011年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
平良 海馬(八重山商工) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
今年のお正月特集は大谷翔平、今年の高校生BIG3のインタビューなど豪華な特集が目白押し!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る