日本文理らが勝ち残る!新潟の頂点を目指す精鋭4校を振り返る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.23


糸魚川高校

日本文理らが勝ち残る!新潟の頂点を目指す精鋭4校を振り返る!

 7月8日から始まった第101回 全国高等学校野球選手権 新潟大会もいよいよ準決勝と決勝のみ。大会はクライマックスに入ったが、ここで勝ち残った4チームとその特徴を簡単にまとめたい。
日本文理vs新潟
糸魚川vs東京学館新潟

日本文理
新潟が誇る全国区の名門校。春の県大会で優勝をおさめ、北信越大会でもベスト4に入った。今大会も4試合を戦い27得点、4失点と安定した戦いぶり。2017年以来の2年ぶりの甲子園を目指す
新潟
昨夏はベスト8に入っている実力校。秋は関根学園に2回戦、春は北越に3回戦で対戦して敗れたが、夏は準々決勝で新潟明訓を4対1で破ってきた。ちなみに昨夏、日本文理と対戦して5対3で勝利を収めている。再戦はどちらに軍配が上がるのか

糸魚川
春の県大会では新潟明訓を破ってベスト8に進出。飛躍を遂げたチームが目指すのは甲子園の3文字。ピッチャーを中心とした守備と爆発力などを武器に決勝を狙う
東京学館新潟
準々決勝で昨夏の代表校・中越を5対2で破り、見事ベスト4まで勝ち進んできた。ここまで4試合で26得点、7失点と攻撃力を武器に勝ち上がってきた。準決勝、決勝戦でも見せられるか。

 注目の準決勝は23日、決勝戦は24日を予定している。

コメントを投稿する

次の記事:
東海大会の組み合わせ決定!初戦から愛工大名電vs三重の対戦が実現!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る