奥川恭伸、最速158キロ!!6者連続三振締め!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.21


奥川恭伸(星稜)

奥川恭伸、最速158キロ!!6者連続三振締め!

 21日、星稜金沢大附との3回戦を迎え、5回コールド勝ちで準々決勝進出した。

 投打で圧倒する星稜。そして怪物がさらなる覚醒を遂げていた。

 エース・奥川 恭伸
 4回裏からリリーフで登場した奥川はエンジン全開。常時150キロ中盤の速球を投げ込み、春からの急成長を見せ、なんとこの試合では158キロを計測し、6者連続三振。まさに制圧という言葉がふさわしいピッチングだった。

 佐々木 朗希の163キロで沸く中、奥川も負けじと、とてつもない剛速球投手へ進化を遂げている。

奥川恭伸選手の独占インタビュー記事
世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】
高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】

【関連記事】
第54回 ベスト4で唯一、完投なし。なぜ中京学院大中京は3人以上の継投をするチームになったのか?【101回大会特集】
星稜の好左腕・寺沢 孝多も好リリーフ!! 【ニュース - 高校野球関連】
履正社、星稜が決勝で激突【第101回選手権大会トーナメント表】 【ニュース - 高校野球関連】
第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第52回 新星スラッガー・今井秀輔(星稜)が誕生!今井の覚醒はここから始まる【101回大会特集】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第45回 記録にも記憶にも残る奥川恭伸のピッチング。奥川は伝説の投手になった【101回大会特集】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
星稜vs立命館宇治【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs旭川大高【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1024回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1001回 愛媛から単身・生光学園中に進んだ「大型選手」 髙橋友(生光学園ヤング) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
東海大相模vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
明日から春季四国大会が開幕!参加校の主将たちのコメントをチェック!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る