明桜と秋田中央が激突!両校の戦力から選手権秋田大会を考察!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.21

明桜の注目はゴールデンルーキー・風間球打だ

明桜と秋田中央が激突!両校の戦力から選手権秋田大会を考察!

 7月21日に遂に決勝をを迎える第91回全国高等学校野球選手大会秋田県大会。今年、決勝に進出したのは明桜秋田中央の2校だ。今回は、そんな両チームの戦力を紹介しながら、決勝戦のポイント見ていきたい。

▼明桜
 昨年、吉田 輝星を要する金足農に決勝で敗れているだけに、「今年こそ」という気持ちが前面に出ている明桜
 今年は、なんと言っても投手力が充実している。今大会から背番号1を背負う2年生右腕・佐々木 湧生に加え、春まで背番号1を背負っていた同じく2年生の長尾光、そして身長182センチのゴールデンルーキー・風間 球打と、力のある投手を3枚も揃える。

 またこの3人の女房役であり、主将で切り込み隊長も務める加藤 洋平が攻守の要だ。
 彼らバッテリーを中心に、投打がしっかりと噛み合えば、2年ぶり10度目のの甲子園が見えてくるだろう。

▼秋田中央
 8年ぶりの選手権大会決勝に進出し、秋田市立時代以来45年ぶり5度目の夏の甲子園出場を目指す秋田中央は、中軸の調子がすこぶる良い。
 準々決勝で4安打2打点の活躍を見せた、4番の斎藤光に加え、準決勝の能代戦で1年生ながら5番に座った野呂田 漸も、その試合で左越えに満塁弾を放った。

 またエースの松平 涼平も好調だ。ここまで獅子奮迅の投球で投手陣を支えており、チームはここまで4試合を戦い失点は僅かに4点。
 投球ともに盤石の仕上がりを見せている秋田中央が、春の秋田王者に挑む。

 実は春季秋田大会の準決勝でも、対戦している両チーム。その時は明桜が3対2で競り勝っており、実力は拮抗している。
 両チーム共に良い仕上がり見せていることから、決勝でも接戦が予想されており、点差が開くことは考えづらい。明桜が捲土重来を期すか、それとも秋田中央が積み上げた歴史の鬱憤を晴らすか。
 最後の最後まで目が離せない。

(文=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
秋田中央の扇の要を担う1年生捕手・野呂田漸 秋田を代表する捕手となって甲子園に戻る! 【ニュース - コラム】
第23回 1年生捕手・野呂田漸(秋田中央)。指揮官、先輩から絶大な信頼をされる理由【101回大会特集】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
立命館宇治のエース・高木が3安打完封!37年ぶりの甲子園で初勝利!【第101回甲子園】 【ニュース - 高校野球関連】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第24回 秋田中央(秋田)【45年ぶり5度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
鹿児島玉龍vs明桜館【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
明桜館vs与論【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
明桜vs弘前東【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
松陽vs明桜館【鹿児島県 第144回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
秋田中央 【高校別データ】
明桜 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
投げ終わった後には次回に備えたクールダウンを
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る