長野決勝は公立対決!令和初の長野を制するのは伊那弥生ヶ丘か、飯山か!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.20

飯山のエース・岡田恵太

 令和最初の長野大会の決勝戦は、公立校同士の対決となった。
 伊那弥生ケ丘東海大諏訪飯山上田西と、ともに県内の強豪私立を破っての決勝進出となった両校だが、ともに甲子園出場経験はなく、勝てば春夏通じて初の聖地となる。

 両校のここまでの勝ち上がりは以下の通り。
伊那弥生ケ丘
2回戦 6対0 屋代
3回戦 7対4 諏訪実
4回戦 11対4 松本国際
準々決勝 5対2 小諸商
準決勝 4対3 東海大諏訪

飯山
2回戦 7対1 諏訪二葉
3回戦 4対2 東京都市大塩尻
4回戦 11対0 上田
準々決勝 6対0 岡谷南
準決勝 3対0 上田西

 また、公立対決となった決勝だが、決勝戦に公立校が進出したのは2014年の長野商以来、5年ぶりだ。この間は佐久長聖上田西松商学園らが決勝を独占していた。

関連記事はこちらから
東海大諏訪(長野)チーム全員が競争心を持ち、「速さを強さ」に変える冬に!
松商学園・鈴木健介が昨夏代表・佐久長聖を4安打完封!
伊那弥生ヶ丘(長野)「ピッチャー中心に4対3で勝つ野球を実現し、1日でも長い夏にする!」

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会長野大会
■開催期間:2019年7月6日~7月21日(予定)
大会日程・応援メッセージ
連覇狙う佐久長聖とノーシードの松商学園が同ブロックに!また最激戦区は第7シードブロック

【関連記事】
松井秀喜が甲子園で対戦した名選手は?星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた! 【ニュース - コラム】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
佐久長聖が初戦敗退 決勝は30年ぶりの公立対決!激動の長野大会を総括 【ニュース - コラム】
第935回 【長野大会総括】30年ぶり公立校決勝で飯山が初優勝!シード校が早々と散る波乱含みの大会に【大会展望・総括コラム】
伊那弥生ケ丘vs東海大諏訪【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
東海大諏訪vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
第942回 連覇狙う佐久長聖とノーシードの松商学園が同ブロックに!また最激戦区は第7シードブロック【大会展望・総括コラム】
星稜vs東海大諏訪【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
第905回 上田西、松本第一、東海大諏訪が同ブロックで潰し合う!熾烈極めた春季長野県大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第899回 県内公式戦負けなしの上田西を止めるのは?長野県大会は序盤から激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第30回 信濃グランセローズ 竜太郎 選手兼コーチ 【2009年インタビュー】
東海大諏訪 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【選抜高校野球】第85回選抜の選考を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る