旭川大高が令和最初の甲子園一番乗り!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.20


旭川大高

旭川大高が令和最初の甲子園一番乗り!

 20日、2年連続で同じカードとなった北北海道大会決勝戦が行われ、旭川大高クラーク記念国際を9対0で下し、2年連続の優勝を決めた。旭川大高は全国一番乗りでの、令和最初の甲子園出場を決めた。

 試合は序盤で主導権を握った旭川大高が試合を通して加点し、終わってみれば9対0での勝利となった。守っては、強力クラーク記念国際打線を、エース・能登が9回無失点、完封に抑え込み、チームを勝利に導いた。

関連記事はこちらから
旭川大高vsクラーク記念国際のイニング速報はコチラ!

【関連記事】
星稜vs旭川大高【第101回全国高等学校野球選手権大会】
大会ナンバーワン右腕・奥川恭伸、3安打完封勝利【第101回甲子園】 【ニュース - 高校野球関連】
星稜・奥川、旭川大高の能登の好投で5回終わって1対0!緊迫とした投手戦に【第101回甲子園】 【ニュース - 高校野球関連】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第943回 窮地を脱して「三冠」へ王手をかける 神戸弘陵女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第931回 北海を食い止めるの南北海道勢はどこだ?北北海道では実力が拮抗し合う混戦模様!【北海道大会展望】【大会展望・総括コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
札幌第一vs旭川大高【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
佐久長聖vs旭川大高【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
旭川大高vsクラーク記念国際【北海道 2015年秋の大会 第68回秋季北海道高校野球大会】
聖光学院vsクラーク記念国際【第98回全国高等学校野球選手権大会】
旭川大高 【高校別データ】
クラーク記念国際 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
広島新庄(広島) 試合巧者であり続ける 一歩進んだ練習法とは?!【後編】
次の記事:
明桜と秋田中央が激突!両校の戦力から選手権秋田大会を考察!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る