山田大樹が移籍後初勝利! 母校のつくば秀英高校は県内2番のOBを誇る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.15

 7月8日に行われたヤクルト対DeNA(神宮球場)の試合で山田 大樹(ヤクルト)が2年ぶりとなる白星を飾った。山田は2017年にソフトバンクを自由契約となり、そのオフにヤクルトへと入団。昨シーズンは白星をあげることはできなかった。今回が、ヤクルト移籍後の初勝利でもあった。

 そんな山田は茨城県のつくば秀英高校から2006年育成ドラフト1巡目でソフトバンクに入団したプロ13年目。そう、田中 将大(ヤンキース)や前田 健太(ドジャース)、坂本 勇人(巨人)と同じ1988年生まれ世代(1988年4月2日〜1989年4月1日生)なのである。

設立24年で7人のプロ野球選手を輩出



つくば秀英高校時代の長井良太

 高校時代から全国大会で脚光を浴びていた田中らとは違い、山田は全国大会への出場はない。また、同校は1995年に設立された比較的新しい学校でもあり、お世辞にも名門校とは呼べなかった。

 しかし、山田が初めてのプロ入りを果たすと、それ以降は続々とプロ野球選手が誕生する。2010年には塚原 頌平(オリックス4位)が初めて支配下ドラフトで指名されると、明治大、東芝を経由して江柄子裕樹(巨人6位)が2011年にプロ入りを果たす。

 2015年には野沢佑斗(ソフトバンク育成1位)、そして2016年には同校から白鴎大に進んだ大山 悠輔(阪神1位)、中塚駿太(西武2位)のふたりが上位指名でプロへと進む。さらに2016年には長井 良太が広島から5位指名を受け高卒でプロ入りを果たした。

 これまでに7人(育成含む)のプロ入り選手を輩出しているのである。茨城県の高校で見ると、これは常総学院高校の9人に次ぐ数字。設立から24年の学校が、である。

 もちろん、それには選手の活躍だけでなく、指導者の影響、学校側の姿勢など様々な要因が絡み合う。しかし、現在は無名校でも四半世紀経たないうちに多くのプロ野球選手をOBにもつなる可能性を秘めていることがわかるだろう。

 もしかしたら現在の無名校が、10年後に多くのプロ野球選手を輩出しているかもしれない。

 

(記事・勝田 聡)

関連記事はこちらから
つくば秀英高等学校 長井 良太投手「130キロ未満から149キロ!スピードアップの秘訣とは?」
つくば秀英高等学校 投手育成の秘密
つくば秀英(茨城)編「甲子園未出場ながら現役7人のプロ野球選手を輩出したつくば秀英のつながり!」

【関連記事】
北條は春夏連続全国準V! 阪神主力選手の高校最後の夏を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
鈴木誠也、西川龍馬、床田寛樹 最後の夏に未出場の同級生3人で勝利をもぎ取る! 【ニュース - 高校野球関連】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第109回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「最優先は即戦力投手か」【ドラフト特集コラム】
第65回 2016年のドラフトで、最も多く指名を受けた高校は?【ドラフト特集コラム】
第92回 2015年の高校野球を占う【東海編】「伝統校、新鋭校が争う構図に」【大会展望・総括コラム】
大山 悠輔(つくば秀英) 【選手名鑑】
山田 大樹(つくば秀英) 【選手名鑑】
山田 大樹(菰野) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
清宮幸太郎が塗り替えるか?! この春、挑戦したいセンバツの大会記録とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る