春日部共栄、昌平らが勝利!12日の結果をトーナメント表でチェック!【埼玉大会】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.12

第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会 トーナメント表

■7月10日~7月28日(予定)
■第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会


 第101回全国高等学校野球選手権埼玉大会は7月12日は2回戦8試合が行われた。
 選抜甲子園へ出場した春日部共栄は、所沢と対戦。試合は、先発の村田賢一が6回を無失点と貫禄の投球を見せる。また、打線も森飛翼、木村大悟、平尾柊翔の3人に本塁打が生まれ、結果は9対1でコールド勝ちを収めた。

 また夏の5連覇がかかる花咲徳栄は、杉戸農と対戦。試合は序盤から花咲徳栄打線が爆発し、奪った得点は何と32得点。大勝で3回戦進出を決めた。

 明日13日は、2回戦22試合が行われる予定で、春季大会準優勝の浦和実や昨年の代表校・浦和学院といった実力校も登場する。

【関連記事】
2年ぶりの関東大会出場を狙う桐光学園、東海大相模など神奈川準決勝2試合は激アツ! 【ニュース - 高校野球関連】
愛知決勝戦は中京大中京vs愛工大名電!タレント揃いの中京大中京に注目! 【ニュース - 高校野球関連】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
川越総合vs狭山経済【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第3回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【興国編】【球児の青春コトダマ】
第2回 グラブの刺繍に込めた青春コトダマ【春日部共栄編】【球児の青春コトダマ】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第18回 花咲徳栄か?聖望学園か?高橋 昂也vs超強力打線!埼玉決勝進出2校の勝ち上がりを振り返る!【夏の大会特集2016】

コメントを投稿する

前の記事:
精神的な支柱に成長した川畑大地(乙訓)、日置航(日大三)の成長の歩み
次の記事:
ドラフト上位候補、伊勢大夢(明治大)が大学4年間をかけて掴んだ飛躍
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る