都立日野、佼成学園らが勝利!10日の結果をトーナメント表でチェック!【西東京大会】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.10

第101回 第101回全国高等学校野球選手権 西東京大会 トーナメント表

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会
■開催期間:2019年7月6~7月26日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会西東京大会】
■展望コラム【西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!】

 第101回全国高校野球選手権西東京大会は7月10日、一回戦4試合、二回戦14試合の合計18試合が開催された。

 都立日野は自慢の長打攻勢で、13得点を挙げ、コールド勝ち。日大鶴ヶ丘は都立の強豪・都立東大和と対戦し、4回裏に逆転すると、5回裏に6点を入れて一気に突き放し、7回コールド勝ちを収めた。明大中野八王子は6対5で都立田無に辛勝。

 都立田無都立総合工科時代、石川柊太(福岡ソフトバンク)を指導した千葉智久先生が部長に就任。今後の躍進を予感させる試合だった。

 佼成学園は1回裏に8点を入れ、その後も点を重ね、17対1の5回コールド勝ちで2回戦進出を決めている。連戦となった昭和一学園は長打攻勢で8対1で都立調布北を8回コールド勝ちを決め、3回戦進出。シード校の日大二と対決する。

【関連記事】
2年ぶりの関東大会出場を狙う桐光学園、東海大相模など神奈川準決勝2試合は激アツ! 【ニュース - 高校野球関連】
愛知決勝戦は中京大中京vs愛工大名電!タレント揃いの中京大中京に注目! 【ニュース - 高校野球関連】
第556回 空前の盛り上がりの中で終わった「清宮の夏」【西東京大会総括】【大会展望・総括コラム】
第499回 【西東京展望】日大三、早稲田実ブロックに入った有力校は?シードを脅かすノーシードの実力校を紹介!【大会展望・総括コラム】
第494回 【西東京展望】早稲田実、日大三の両雄対決の構図に割って入るか、好投手を擁する東海大菅生【大会展望・総括コラム】
第93回全国高校野球選手権東西東京大会開会式【東京都 2011年夏の大会 第93回東西東京大会】
東西東京大会開会式【東京都 2010年夏の大会 第92回東西東京大会】

コメントを投稿する

前の記事:
精神的な支柱に成長した川畑大地(乙訓)、日置航(日大三)の成長の歩み
次の記事:
ドラフト上位候補、伊勢大夢(明治大)が大学4年間をかけて掴んだ飛躍
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る