【今日の高校野球ニュース】埼玉大会が開戦!沖学園、東亜学園が初戦で姿を消す!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.07.10

 日々の高校野球ニュースをお届け!週末に行われた注目試合の結果や、明日の高校野球の見どころなどを紹介します。

埼玉大会が開戦!沖学園、東亜学園が初戦で姿を消す!



2季連続甲子園に向けてこの夏を戦う村田賢一(春日部共栄)

 昨夏、南福岡大会で優勝を飾り甲子園で1勝を挙げた沖学園が初戦を迎えた。その相手は九産大九州で、昨夏の南福岡大会決勝戦と同じ顔合わせとなった。試合は3回に九産大九州に6点を奪われるなど、終始ペースを握られ7回コールドで九産大九州が勝利。昨夏の甲子園出場校・沖学園が初戦で姿を消すこととなった。

 また東東京では東亜学園東京実の屈指の好カードが明治神宮球場で行われた。試合は初回に東京実が2点を奪うと、リードを保ち3対1で東京実が勝利。東京代表で活躍した細野 晴希は6回8奪三振を奪うも、初戦で姿を消すこととなった。

 そして本日埼玉大会が開幕。2季連続甲子園出場に向けて、春日部共栄が夏も勝ち抜くのか。それとも花咲徳栄やノーシードから頂点を目指す浦和学院が、夏に巻き返しを図るのか。または浦和実東農大三など実力校が台頭してくるのか。

 大会は順調に進めば28日に決勝戦が行われる予定だ。

関連記事は下記のリンクから!

関連記事
第101回 全国高等学校野球選手権 福岡大会
福岡県は実力校多数!どこが勝ち抜けるか?!
昨夏甲子園出場の沖学園が8回コールド負けで初戦敗退
第101回 全国高等学校野球選手権大会 東東京大会
帝京や関東一の初戦は?東東京大会の組み合わせをトーナメント表でチェック!【東東京大会】
【東東京大会展望】二松学舎大附の夏三連覇を阻むチームは現るか?東東京大会を徹底解剖!
都内屈指左腕・細野晴希(東亜学園)「夏で勝つ難しさを感じました」
第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会
ノーシード・浦和学院はどこ?春日部共栄、東農大三などの初戦をトーナメント表でチェック!【埼玉大会】
今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!

文:編集部

 選手権特設サイトも是非ご活用ください!
<特設サイトはこちら>

コメントを投稿する

次の記事:
連覇中の二松学舎大附を撃破!修徳・結城が1失点好投!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る