【河嶋宗一のスカウティングメール】高校通算47本塁打のスラッガー・柳澤光星(健大高崎)に注目!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.24
 年間300試合観ている高校野球ドットコムのスカウト部長こと河嶋 宗一から、今週もスカウティングメールが届きましたよ。今週はどんな選手が、メガネの奥で鋭く光る河嶋の目に留まったのでしょう?

柳澤光星(健大高崎)

 高校野球ドットコムのスカウト部長・河嶋宗一です。毎週月曜に、この1週間で見つけた逸材を紹介していきます!宜しくお願い致します。

 

 昨年、高校通算75本塁打の山下 航汰選手(巨人)を筆頭に通算二桁本塁打を放っている選手が多くを占め、全国トップクラスの強力打線として話題となった健大高崎ですが、今年の健大高崎にも強打者がいました。その名は柳澤 光星選手。なんと高校通算47本塁打と、ドラフト候補に上がっている強打者と比較しても遜色ない数字です。実際に見てみても中学時代からスイングスピードの速さに自信があったと語る柳澤選手。1年秋までに10本塁打を放つまでに成長しますが、成長の支えとなったのはプロ入りした山下選手の存在です。
「山下さんからは打撃フォーム、タイミングのとり方などをあらゆることを学んでいきました」
 打撃で大切にしているポイントについて柳澤選手は「タイミングです」と語るように、良いポイントで捉えるために試行錯誤を繰り返しました。山下選手のタイミングのとり方を試しながら、自分のポイントにたどり着きます。
「山下さんのタイミングのとり方はぱっぱっと取る感じでしたが、それを試してみたのですが、どうも合わなかったので、じっくりとタイミングを取る感じでやってみたら、良いポイントで捉えることができるようになったので、本塁打も打てるようになりました」

 今年に入って、本塁打は10本以上放っており、「気づいたら47本となっていました」と笑う柳澤選手。柳澤選手は167センチ70キロと決して大きい体型ではありません。ただタイミングのとり方など打撃についてあらゆることを追求しつづければ、スラッガーとして開花する可能性があることを教えてくれました。

 果たして主砲として、4年ぶりの甲子園出場を導くことができるか。注目です。

【関連記事】
紅白戦で猛アピールの巨人・山下航汰(健大高崎出身) 打撃の基礎を作ったのは羽曳野ボーイズ時代 【ニュース - 高校野球関連】
石川、井上に負けない魅力を持ったスラッガー・菊田拡和(常総学院出身)は巨人ファンの星になれるか 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1016回 機動破壊から投手王国へ 健大高崎の投手育成改革【野球部訪問】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1014回 健大高崎(群馬)の練習メニューを大公開!高校野球のレベルを超えたハイレベルな内容だった!【野球部訪問】
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」【冬が僕らを強くする2020】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs白樺学園【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs倉敷商【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
健大高崎vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1031回 「全力少女シリーズ」の主演・池田朱那さん 「いつか野球の仕事がしたかった」 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
柳澤 光星(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
西条、川之江ら準決勝進出! 【愛媛地区新人大会 14日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る