ドラフト候補の西純矢の弟・西凌矢が広島ボーイズで活躍中!高校野球へ意気込みを語る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.18
 編集部の中学野球担当・栗崎祐太朗がリサーチ!この1週間の中学野球ニュースを配信!

第28回ゼット旗争奪福岡大会での西凌矢(広島ボーイズ)

 5月3日から5日にかけて行われた第28回ゼット旗争奪福岡大会。この大会には福岡県のチームだけではなく、南は鹿児島、西は大阪まで、西日本各地の強豪チームが福岡県に集結した。

 広島県からは中国地区の強豪・広島ボーイズが大会に出場し、1、2回戦を安定した戦いで突破。3回戦では、前回大会王者の八幡南ボーイズに惜しくも敗れたが、春季全国大会出場チームとしての実力はしっかりと見せつけた。

 そんな広島ボーイズを、投打で引っ張っているのが西凌矢選手だ。西凌矢選手はエースを務めているだけでなく、打っても3番打者として主軸を担っている。
 西凌矢選手は3回戦の八幡南ボーイズ戦後、チームの大黒柱として反省の弁を口にした。

 「3回に4点を取られた場面は、本来2点で止めなくてはいけませんでした。2点までは大丈夫だから、みんなで頑張って行けと言われていたので悔しいです」



西凌矢(広島ボーイズ)

 実は西凌矢選手、実の兄は今秋のドラフト上位候補として名前が挙がっている西 純矢投手(創志学園)なのだ。

 西純矢投手だけでなく、西凌矢選手への期待もとても大きい。西凌矢選手は、残りの中学野球、そして高校野球に向けて強い意気込みを口にした。

 「ピッチャーとしては、どんな場面でも変化球でストライクを取ることが課題だと思います。中学野球では、笑って終われるようにして、高校野球では甲子園に出れるように頑張りたいと思います」

 兄に続き、高校野球の舞台で名を挙げることができるか注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

【関連記事】
通算本塁打は40本近く!広島新庄が誇る打てる捕手・木村優介に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1018回 悔しい思い断ち切り 「みんなで」甲子園を獲る 木村優介(広島新庄) 【2019年インタビュー】
宮城大弥、横山陸人、西純矢など注目選手たちのここまでの勝ち上がりを振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第1013回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第930回 関西の5年ぶり甲子園となるのか?西純矢を擁する創志学園の連覇にも注目!【岡山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第205回 【BIG5特集】佐々木朗希(大船渡)令和元年の至宝!この夏、全国と世界へ羽ばたけ【ドラフト特集コラム】
第204回 【BIG5特集】奥川恭伸(星稜)高校生レベルを超越したテクニシャンピッチャー【ドラフト特集コラム】
第969回 153キロ到達につなげた 「冬の秘密トレーニング」 西純矢(創志学園) 【2019年インタビュー】
八幡南ボーイズvs広島ボーイズ【第28回日本少年野球ゼット旗争奪福岡大会】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
創志学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
『アンダーシャツ』のこだわりを教えて!【投稿受付中】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る