延長10回の死闘を制した関東一がベスト4一番乗り!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.20

勝ち越しホームランを放ち雄たけびを上げる渋谷嘉人(関東一)

延長10回の死闘を制した関東一がベスト4一番乗り!

 ベスト4の椅子をかけて関東一國學院久我山が激突。試合は延長までもつれる緊迫の展開となった。

 関東一は2回に5番・平泉遼馬のホームランで先制すると3回にも1点を追加して2対0とリードする。

 関東一の先発は谷 幸之助。ランナーを出しながらも4回まで無失点できていたが、5回に國學院久我山の7番・中澤知之のタイムリーなどで逆転を許す。

 それでも6回に何とか1点をもぎ取り同点に追い付くと、延長10回に渋谷 嘉人がレフトへの勝ち越しホームラン。5番・平泉にも2本目のホームランが出るなど3点を奪い6対3で関東一がベスト4を決めた。

 「この1週間調子が悪かったですが、思い切っていかせたかった」という思いを込めて米澤貴光監督は渋谷を1番に起用。土壇場で上手くはまったが、ホームランを打った渋谷は、「チームに迷惑しか掛けていなかったので、後ろに繋ぐ。出塁するつもりで打席に入った。」と振り返った。

 東京代表で高いレベルの選手たちとプレーし、様々な選手の技術を参考したと語る渋谷。なかでも同じ東東京の二松学舎大附右田 稜真の打撃、特にパンチ力の部分を参考にしたそうだ。それが結果として今回のホームランにつながった。

 これでベスト4。明日の日大三東海大菅生の勝者と対戦する。東京代表に滑り込んで入った渋谷のバッティングに注目したい。

■日程詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会

【関連記事】
25年ぶり2度目のV!東海大菅生が国士舘に勝利し、優勝!【春季東京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大菅生が優勝!昨秋のリベンジ果たす!【春季東京都大会・28日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第888回 春季都大会もいよいよクライマックス!熱戦必至の準決勝、注目選手は?【大会展望・総括コラム】
聖パウロ学園vs昭和一学園【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
創価vs専修大附【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
大森学園vs工学院大附【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
大東大一vs都立大島【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
國學院久我山vs日大一【東京都 2015年 春季東京都高等学校野球大会】
渋谷 嘉人(関東一) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
石川 雅規選手(東京ヤクルトスワローズ)が軟らかいグラブが好きな理由とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る