青木宣親は甲子園出場経験なく、ドラフト上位でもないスーパースター

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.18

 プロ野球が開幕して3週間ほど経過した。今シーズンは両リーグともに独走するチームはなく、混戦模様となっている。そんななかヤクルトが好調だ。山田 哲人、ウラディミール・バレンティン、雄平そして青木宣親といった主力野手の調子が上向き、手がつけられなくなっている。

 なかでも開幕から2番を任されている青木が絶好調。打率.351(57打数20安打)はチームトップの数字であり、セ・リーグでも6位につけている。少し気は早いが、自身9年ぶりの首位打者を狙える位置と言ってもいい。

 そんな青木だがアマチュア時代は決して目立った選手ではなかった。

ドラフトは4巡目指名



今シーズン絶好調の青木宣親(ヤクルト)

 青木はこのほど引退したイチロー、そして松井 秀喜についでMLBで結果を残した日本人野手と言っても過言ではない。

 2012年から2017年までの6シーズンで打率.285(2716打数774安打)。MLB通算774安打はイチロー、松井秀についで日本人3位の数字でもある。結果的にMLBにおける最後のシーズンとなった2017年も、打率.277(336打数93安打)と規定打席には届いていないものの十分な成績を残していた。

 そんな青木は宮崎県の日向高校出身。本人は選抜高校野球、全国高校野球選手権(以下、夏の甲子園)への出場はない。また、学校としても織田淳哉の2年時に夏の甲子園へ1度(1989年)に出場したのみ。甲子園出場の常連校だったわけではない。

 同校を卒業後に青木は早稲田大学へと進学し、鳥谷敬(阪神)や1学年下の田中浩康らとともに4連覇を達成。チームの中心選手だったこともありドラフト候補となったが、自由獲得枠で阪神入りを果たした鳥谷のような高評価ではなかった。それは4巡目指名ということからもわかるだろう。

 ヤクルトに入団後は1年目に二軍で首位打者を獲得。若手の有望株として注目される存在ではあったが、一軍出場はわずか10試合。初年度から一軍で実力を発揮していたわけではない。

 しかし、2年目にレギュラーとして定着すると、首位打者を獲得し新人王を受賞。一気に頭角を現した。早生まれの青木にとって23歳のシーズンである。

 そこからは一気に中心選手となり、2012年にMLBへと移籍。2018年から再びヤクルトのユニフォームへと袖を通し年長者としてチームを引っ張っている。もちろん残した数字も素晴らしい。すでに日米通算2000本塁打安打も達成しており、現時点ではNPBの通算打率(4000打数以上)においてもトップ。輝かしいキャリアについては今さら語るほどでもないだろう。

 そんな青木でも高校時代に春夏の甲子園への出場はなく、ドラフト上位指名選手でもなかったのである。アマチュア時代の実績があるほど、ドラフト上位で指名される可能性が高くなるのは事実としてある。しかしプロ入り後の活躍はまた別の話、ということがよくわかる事例だろう。

 甲子園に出場できなくとも、ドラフト上位指名でなくともスーパースターになる可能性は十分にある。

文=勝田 聡

【関連記事】
早稲田大学編「空前の盛り上がりを見せた2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】 【ニュース - コラム】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
マリオ下北沢店 店長・澤木勇太郎さんが解説!なぜ「デュアル」を使う一流メジャーリーガーが多いのか?【後編】 【ニュース - インタビュー】
第891回 ベースボールマリオ店長・澤木勇太郎さんが語るウイルソン「デュアル」の魅力【後編】 【2019年インタビュー】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第109回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「最優先は即戦力投手か」【ドラフト特集コラム】
第554回 ニューバランス・スパイク商品企画担当者が語る「今、プレーヤーが求めるのは履き心地抜群のスパイクだ!」 【2017年インタビュー】
第25回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「高校時代からは想像もつかなかった選手に成長した」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第24回 青木 宣親選手(日向-ヒューストン・アストロズ)「印象は『普通の高校生』『継続する大切さ』を教わる」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
第4回 MLBから学ぶパワーヒッターの作り方!メジャー流の筋トレや考え方に迫る!【世界の高校野球】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る