150キロを投げられなくなっても勝利に導く寺原隼人

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.15

 先日、U-18高校日本代表の1次候補たちが合宿を行った。そんななか、選抜高校野球大会で話題を呼んだ星稜高校の奥川 恭伸横浜高校の及川 雅貴以上に注目を集めた存在がいる。大船渡高校の佐々木 朗希である。

 合宿内で行われた紅白戦では2回を投げ6者連続三振。日本代表候補の猛者相手に圧巻の投球を披露した。それだけではない。公式記録ではないがスカウトのスピードガンで163キロを計測したという。



163キロを計測した佐々木朗希(大船渡)

 大谷 翔平(エンゼルス)も花巻東高校時代は160キロが最速だった。それを3キロも更新したことになる。今秋のドラフト1位候補は甲子園に出場せずとも、大きな話題となったのである。

戦力外から2年ぶりの勝利

 球速は選手を判断する上で、ひとつの基準になることは疑いようのない事実である。だが、高校野球に限らずとも、野球においては球速が速ければ必ずしも抑えられるわけではない。

 また、高校時代に球速で沸かせた投手がプロ入りを果たし、10年以上の時を経て違うスタイルに変化している例もある。

 ヤクルトの寺原隼人である。

 寺原は日南学園高校時代に出場した高校野球選手権大会において158キロをマークし、一躍注目を浴びる存在となった。2001年のドラフトでは4球団強豪の末、ダイエー(現・ソフトバンク)に入団。1年目から6勝を挙げる活躍を見せた。その後、横浜(現・DeNA)、オリックス、ソフトバンクと渡り歩き通算71勝をマークしている。

 しかし、昨シーズンオフにソフトバンクを戦力外となり、今シーズンからはヤクルトへ移籍。4月11日の試合では、6回途中2失点の内容で2年ぶりの白星をマーク。

 この日の最速は146キロだったが、ストレートの殆どは140キロ前半。150キロを超えるようなストレートを投げる姿はない。

 コントロールに苦しむ場面もあり、決して手放しで褒めることのできる内容ではなかったかもしれない。それでもスライダーやカーブ、シュートといった変化球を駆使して必死にマウンドを守ったのである。

 剛速球を投げることができる投手も、やがて球速は落ちる時が来る。そのときにスタイルを変化させることで対応していくお手本のような投球だった。

 誰もが目を見張るストレートを投げることができなくなってもマウンドで結果を残す。そんな投手がひとりでも増えてほしい。

文=勝田 聡

【関連記事】
木製バットへの対応はいかに?研修合宿で輝きを放った野手陣をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
4割を目指す昨年の大学日本代表も、佐々木朗希と対戦を熱望! 【ニュース - その他】
第198回 2019年公式戦がスタート!大豊作な逸材投手ガイドブック【ドラフト特集コラム】
第190回 ドットコム編集部が選ぶプロスペクト30リスト!上位30名はこの選手たちだ!【ドラフト特集コラム】
第193回 2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと【ドラフト特集コラム】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集コラム】
第839回 九州に現れた本格派右腕・浅田将汰(有明)の思考を読み解く!【前編】 【2018年インタビュー】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
パ・リーグ打率トップ3の清田 育宏、柳田 悠岐、秋山 翔吾のインタビューを振り返る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る