センバツを彩った、応援団賞は富岡西が最優秀賞!優秀賞はこの5校

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.03

 今日で第91回選抜高等学校野球大会最終日。東邦習志野を破り、30年ぶり5回目の優勝を果たしました。

 センバツ恒例となった応援団賞の受賞校と、主催者発表の受賞理由を最後に紹介します。

最優秀賞:徳島県立富岡西高等学校(徳島)
スクールカラーのえんじ色のウェアと帽子で統一された応援団がアルプススタンドをぎっしりと埋めた。阿波踊りを取り入れたご当地色のあるユニークな応援や、一打一打への大声援や拍手など活気と勢いに満ちていた。大応援団のスムーズな入場と整然とした待機時の様子などもマナーの良さも評価された。

優秀賞:習志野市立習志野高等学校(千葉)
吹奏楽部が奏でる圧倒的な演奏の迫力と存在感、大きな声援がチームを盛り上げた。応援団の統率された美しい動きが華やかさを演出していた。

優秀賞:桐蔭学園高等学校(神奈川)
アルプススタンドを埋める大応援団が全体の動きを合わせ、力強い声援でチームを後押ししていた。リズミカルな演奏も揃っていて洗練されていた。

優秀賞:東邦高等学校(愛知)
白と緑で交互に配したピンクのポンポンで躍動感あふれるチアの動きと、多彩な曲目と迫力の吹奏楽。両方の息が合い、まとまりのある美しい応援でチームを活気づけた。

優秀賞:履正社高等学校(大阪)
青地に黄色の「R」の人文字が綺麗に形作られ、演奏と声援が小気味よく、終始バランスがとれた応援だった。入退場の素早い行動も高評価だった。

優秀賞:鳥取県立米子東高等学校(鳥取)
緑と白で鮮やかに形作られた「YH」の人文字が印象的。大声援も一体感があった。応援団の行動や準備が早く、生徒、教職員、一般応援者の統率もとれておりマナーも評価された。

 さて、決勝戦に参加した審判員の方と始球式担当の小学生を紹介します。


 決勝の球審を務めた田中豊久さんは、3年前の88回大会での智辯学園vs高松商以来、2回目の決勝球審です。
引き締まった好ゲームで、試合時間は1時間30分。模範試合に相応しい試合内容でした。

(文=松倉 雄太

【関連記事】
好投手擁する菰野、津田学園、復活が期待される津田学園など今年の東海大会は見所満載! 【ニュース - コラム】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
コールドあり、番狂わせあり、見所満載の関東大会11試合レポートをまとめ読み!【春季関東大会】 【ニュース - 高校野球関連】
山村学園vs習志野【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第953回 立教大の阿部慎之助となる!正捕手を目指し、野心を燃やす片山悠(立教大) 【2019年インタビュー】
第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】 【2019年インタビュー】
第904回 2011年以来の関東制覇を狙う習志野が登場!春日部共栄・藤代は秋から成長した姿を見せるか?(最新版)【大会展望・総括コラム】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第20回 G.W 人気記事ランキング 戦国千葉がTOP3を独占する驚きの結果!!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
富岡西vs高松商【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
習志野vs専大松戸【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
習志野vs銚子商【千葉県 2019年春の大会 千葉県大会】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
富岡西 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
春季関東大会準決勝は雨天順延
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る