出身校が大阪桐蔭、日大三、履正社...。今年の日体大の新入生はエグイ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.08

井坂 太一 日体大

 3月8日、山梨学院と対戦した日本体育大のスタメンが全員が新入生なのだが、甲子園出場メンバー・強豪校でプレーしてきた選手ばかり。東都大学・東京六大学に負けていないリクルートぶりだといえる。改めてスタメンを見てみよう。

1番セカンド・小儀 純也霞ヶ浦
2番ショート・三木 彰智履正社
3番サード・稲本 侑星福岡大大濠
4番レフト・大塚 晃平日大三
5番DH・小松 俊章(日大藤沢
6番ライト・竹田 有男(城北
7番ファースト・井坂 太一大阪桐蔭
8番キャッチャー・渡辺 真太(関西
9番センター・宮川 寛志奈良大附
先発・川畑 大地乙訓
昨夏の甲子園出場メンバー含め甲子園経験者5人。ただの甲子園出場メンバーではなく、彼らは主力として活躍し、高校野球の専門誌にも取り上げられた逸材ばかりである。

 日大三の4番だった大塚が新入生チームの4番に座っているが、Aチームの中でもその長打力は高いものがあるようだ。

 そのほかのレギュラー陣のレベルも高く、選球眼も高く、俊足、巧打が光る1番・小儀、堅実な守備を見せる三木、また大阪桐蔭の春夏連覇のメンバー・井坂が3安打を打つ大活躍。木製バットに順応し、広角に打ち分ける打撃を見せ、一塁の守備位置から大きな声を張り上げ、盛り上げている様子が見られた。

 また9番の宮川は高校時代、強打者として活躍していた左打者。日体大の古城監督も「パンチ力はありますよ」と長打力を評価しており、この試合でも安打を記録。潜在能力の高さを発揮していた。

 捕手は3人出場したが、スローイング技術は高く、先輩捕手を脅かすものは感じさせた。

 また先発の川畑は2失点したものの、常時140キロ前後(最速142キロ)のストレートは勢いがあり、125キロ前後のスライダーで山梨学院打線は封じていた。

 別の記事でも紹介するが、山梨学院の吉田監督を唸らせ、山梨学院の打者を驚かせた最速149キロ左腕・矢澤 宏太藤嶺藤沢)も控えており、今年の日体大の新入生は全国大会でも活躍が期待できる布陣になるのではないだろうか。

 多くの名門校出身の選手たちが入部を決めたのは日体大がこれまでの悪しき体育会の伝統を排除したマネジメントにより、2017年に明治神宮大会で優勝を決めたことが大きく影響しているだろう。

 今年はAO入試でも人気の日体大。金足農の主将・佐々木 大夢が直前のAO入試で合格。日体大の新入生たちは新たな歴史を残してくれるのか、注目をしていきたい。

【関連記事】
ドラフト候補として注目される大学屈指の好投手3名をピックアップ! 【ニュース - その他】
東京成徳大高vs日体大荏原【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
日体大荏原vs橘学苑【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新入生・矢澤宏太(日体大)は二刀流!投手で140キロ後半、打者でも逆方向へフェンス際! 【ニュース - 高校野球関連】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
早稲田実業vs日体大荏原【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
日体大荏原vs都立文京【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第173回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.17「甲子園での大爆発が期待したい万波中正・山田健太」【ドラフト特集コラム】
第151回 大阪桐蔭が誇るNFコンビ 根尾昂・藤原恭大が日体大相手に存在感を示す!【ドラフト特集コラム】
第686回 東妻 勇輔(日体大)最速153キロ右腕が語る「体重移動」の重要性 【2018年インタビュー】
第680回 松本 航(日体大)短期間でフォーム修正を可能にした体の柔軟性 【2018年インタビュー】
第136回 神宮大会に登場した大学3年生投手たちは逸材揃い!急成長の背景を探る【ドラフト特集コラム】

コメントを投稿する

前の記事:
習志野、中央学院が関東大会行きの切符を手に!秋季千葉県大会の2試合を徹底レポート!【秋季千葉県大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る