高卒2年目注目の燕の若きスラッガー!村上宗隆は大ブレイクとなるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.03.07

九州学院時代の村上宗隆選手

高卒2年目注目の燕の若きスラッガー!村上宗隆は大ブレイクとなるか?

 東京ヤクルトスワローズの村上 宗隆選手が開幕スタメンへ猛アピールを続ける。

 2日に行われた読売巨人との練習試合ではオープン戦第1号となるホームランをレフトスタンドに叩き込むと、翌日の3日にもレフトへ2本の長打を放った。

 さらに昨日のオリックス・バファローズとの試合ではフルカウントから外角寄りの真っすぐをセンターへ運ぶ逆転タイムリーでチームの勝利に貢献した。

 昨年はシーズン終盤に、広島東洋カープの岡田明丈投手から初打席初ホームランを放ち、その存在感を見せた。その時のバッティングフォームと現在のフォームを比較すると、バットの動きが小さくなっている。

 2018年版はバットのヘッドを円を描くような形でリズムを取り、トップを作ると同時に身体の方にバットを寄せていた。そして2019年版がフォームが同じでも、1つ1つ動きが小さくなった。これによって、同じタイミングでも素早くトップを作れることでプロのボールに差し込まれにくくなった。

 そしてもう1つが村上選手の踏み出す右足が、半足分だけで開いている。これでは体の開きが速くなる可能性があるが、そこを村上選手は我慢してボールを呼び込めているため、外角のボールにも対応できている。

 ただ、3日の試合では今村 信貴投手の内角への変化球に三振を喫した。半足開いている分、内角への速球の対応は楽になるが、緩いボールへの対応が難しい。その辺りが今後の課題となってくるだろう。

 それでも最年少で侍ジャパンに入り、明後日9日から行われるメキシコ代表との練習試合に参加する。若き侍が国際試合の舞台でどんな活躍するのか。注目していきたい。

【関連記事】
有明、熊本工などが3回戦突破!30日の結果【春季熊本県大会・試合結果】 【ニュース - 高校野球関連】
村上宗隆は待望の強打者タイプ? 俊足巧打が多い現役九州学院OBたち 【ニュース - 高校野球関連】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第855回 名打撃コーチ・石井琢朗が高校球児へメッセージ「自分がなりたい打者像を見つけよう!」【後編】 【2018年インタビュー】
第851回 3年連続チーム打率1位!名打撃コーチ・石井琢朗が語る「振る力の重要性」【前編】 【2018年インタビュー】
第738回 ウラディミール・バレンティン(東京ヤクルト)「ホームランを打つにはバックスピンをかけることが大切」 【2018年インタビュー】
第90回 秀岳館旋風から新たな構図も出来て伝統の熊本工に九州学院、文徳も【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
九州学院vsコザ【2018年 練習試合(交流試合)・春】
未来沖縄vs九州学院【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第84回 九州学院(熊本)編「ヤクルトドラ1村上輩出!開校100年を越える伝統校のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
都城東vs九州学院【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
第535回 【熊本展望】今年はタレント揃いの熊本県!激戦の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
九州学院vs桐光学園【2017年 練習試合(交流試合)・春】
早稲田実業vs九州学院【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第501回 ヒューストン・アストロズ 青木 宣親選手(日向出身)「失敗しなければ自分のことは分からない」 【2017年インタビュー】
館山昌平、復活への道
九州学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
“J”や“し”を描くように?打撃に特化した開成の考えと技術に迫る!
次の記事:
東京実、八王子実践などが勝利!1次予選1日目の結果をトーナメント表でチェック!【春季東京都大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る