平沢、佐藤世那と同期!青木 玲磨(仙台育英出身)が栃木ゴールデンブレーブスへ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.11

左から平沢 大河、青木 玲磨、佐藤 世那

 2月9日、独立リーグ・ルートインBCリーグと四国ILplusは合同でトライアウトを開催。両リーグ併せてドラフト指名・特別合格を合わせて22名が独立リーグの世界に進む。

 その中で気になった合格選手を紹介したい。2人目は栃木ゴールデンブレーブスに特別合格となった青木 玲磨仙台育英-TDK)だ。青木は高校時代、強打の2番打者として2015年夏、甲子園準優勝に貢献した。バットコントロールも高く、脚力も高く、センターの守備も素晴らしく、玄人受けする選手だった。その後、TDKに進んで試合にも出場していた。

 2015年の仙台育英ナインで、NPB・独立リーグに進んだ選手は平沢 大河(千葉ロッテ)、佐藤 世那(元オリックス-横浜球友クラブ)に次いで3人目だ。

 小山市立豊田中出身の青木は地元でのプレーを選択し、NPB入りへ向けて、必死のアピールをシーズンインからしていきたい。

 NPB入りを実現し、2015年の仙台育英は高校を卒業しても凄かったと証明してほしい。

【関連記事】
大学4年間でわずか1勝だったドラフト2位・梅津晃大(中日)。開幕ローテーションへ高い潜在能力を開花させるか? 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】夏の甲子園準V・星稜の練習に密着!強打を作り上げる3種の打撃練習とは? 【ニュース - 高校野球関連】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
関東一vs仙台育英【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
仙台育英vs智辯和歌山【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
仙台育英vs宇部鴻城【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第865回 甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 【2019年インタビュー】
第863回 最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密 【2019年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
青木 玲磨(仙台育英) 【選手名鑑】
仙台育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
渡邊雄太、田中浩康氏とOBが話題の尽誠学園高校
次の記事:
限界を超える練習で心の支えを作る!関大北陽が目指すゴールは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る