ここからが勝負!選抜出場・国士舘が甲子園で東京代表の意地を見せる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.06

センバツ旗を受け取った松室直樹主将

ここからが勝負!選抜出場・国士舘が甲子園で東京代表の意地を見せる!

 先日の1月25日(金)、秋の東京を制した国士舘が選抜出場を確定させた。その国士舘で本日2月6日にセンバツ旗の授与式及び壮行会が開かれた。

 制服を身にまとった国士舘の選手たちが壇上に上がると、まずはセンバツ旗の授与式が開式。選手を代表して松室 直樹主将が同校のスポーツ振興会会長・川野一成氏よりお祝いをいただいた。

 松室主将にお祝いを贈呈した川野氏はそのまま壇上で挨拶を述べ、「国士舘再来といわれるように」と選手たちにエールを送った。
 その後は、毎日新聞社東京支局長・金塚祐司氏が選抜旗を松室主将に授与。選抜旗を手にした松室主将は金塚氏への感謝の言葉を述べた後、「東京都の代表としてチーム全員で精一杯戦うので、応援よろしくお願いします」と1,000名程いる全校生徒に挨拶をした。

 それから壮行会に移ると、永田昌弘監督は監督あいさつで「力がないチームだったからこそ攻める野球で勝てました。ただ甲子園は選手だけでなく、学校のみなさんの力をお借りして何とか1勝挙げて舘歌を歌いたいと思っております」と応援のお願いを述べた。

 永田監督による選手紹介など、予定していた式次第を全て終了したのち報道陣の取材に応じた松室主将は、「センバツ旗をいただいて実感もわいてきました。ここからが勝負だと思います」とさらに気を締めた。

 現在は遠くに打球を飛ばすことをテーマに練習を取り組み、モチベーションが上がってきてるチームを永田監督は、「仕上がりは悪くないので、東京の恥にならないように1つでも勝ちたいです。」と話す。

 どんな投手にも対応できる、柔軟な攻撃ができるように実戦練習などをしていると永田監督は話す。10年ぶりに甲子園に足を踏み入れる国士舘。オフシーズンもいよいよ大詰め。少ない期間でどこまで仕上げてくるのか、東京代表としての戦いぶりを注目したい。

 

取材=編集部

注目記事
「長所」を上げられたことが覚醒の口火 秋の東京王者・国士舘(東京)【前編】

【関連記事】
岩倉、国士舘が都大会へ その他14校が一次予選を突破【秋季東京都大会一次予選】 【ニュース - 高校野球関連】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
関東一vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
都立日野が金星!センバツ出場の国士舘を撃破! 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
第914回 篠木、藤井など来年のドラフト候補生とスーパー1年生たちを徹底紹介!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
山村学園vs国士舘【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
国士舘vs佐野日大【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
東海大菅生vs国士舘【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
国士舘vs都立小山台【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第944回 21人目の東京代表・黒川麟太朗(国士舘)が選抜で学んだ最短距離の大切さ 【2019年インタビュー】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第883回 甲子園出場!国士舘を支える投手トリオの課題と収穫 【2019年インタビュー】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
和歌山東、智辯和歌山を破り決勝進出!【和歌山県新人戦・10日の結果】
次の記事:
187センチ83キロの二刀流・菅田大介が春から猛アピール!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る