ここからが勝負!選抜出場・国士舘が甲子園で東京代表の意地を見せる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.06

センバツ旗を受け取った松室直樹主将

ここからが勝負!選抜出場・国士舘が甲子園で東京代表の意地を見せる!

 先日の1月25日(金)、秋の東京を制した国士舘が選抜出場を確定させた。その国士舘で本日2月6日にセンバツ旗の授与式及び壮行会が開かれた。

 制服を身にまとった国士舘の選手たちが壇上に上がると、まずはセンバツ旗の授与式が開式。選手を代表して松室 直樹主将が同校のスポーツ振興会会長・川野一成氏よりお祝いをいただいた。

 松室主将にお祝いを贈呈した川野氏はそのまま壇上で挨拶を述べ、「国士舘再来といわれるように」と選手たちにエールを送った。
 その後は、毎日新聞社東京支局長・金塚祐司氏が選抜旗を松室主将に授与。選抜旗を手にした松室主将は金塚氏への感謝の言葉を述べた後、「東京都の代表としてチーム全員で精一杯戦うので、応援よろしくお願いします」と1,000名程いる全校生徒に挨拶をした。

 それから壮行会に移ると、永田昌弘監督は監督あいさつで「力がないチームだったからこそ攻める野球で勝てました。ただ甲子園は選手だけでなく、学校のみなさんの力をお借りして何とか1勝挙げて舘歌を歌いたいと思っております」と応援のお願いを述べた。

 永田監督による選手紹介など、予定していた式次第を全て終了したのち報道陣の取材に応じた松室主将は、「センバツ旗をいただいて実感もわいてきました。ここからが勝負だと思います」とさらに気を締めた。

 現在は遠くに打球を飛ばすことをテーマに練習を取り組み、モチベーションが上がってきてるチームを永田監督は、「仕上がりは悪くないので、東京の恥にならないように1つでも勝ちたいです。」と話す。

 どんな投手にも対応できる、柔軟な攻撃ができるように実戦練習などをしていると永田監督は話す。10年ぶりに甲子園に足を踏み入れる国士舘。オフシーズンもいよいよ大詰め。少ない期間でどこまで仕上げてくるのか、東京代表としての戦いぶりを注目したい。

 

取材=編集部

注目記事
「長所」を上げられたことが覚醒の口火 秋の東京王者・国士舘(東京)【前編】

【関連記事】
東京代表のバッティング練習!木製バットで豪快なスイングを見せる! 【ニュース - その他】
3月16日より開戦!激戦必至の東京都の年間一覧! 【ニュース - 高校野球関連】
第883回 甲子園出場!国士舘を支える投手トリオの課題と収穫 【2019年インタビュー】
第834回 21世紀枠18年分の出場チーム早見表!【大会情報・チーム紹介記事まで網羅!】【大会展望・総括コラム】
第11回 キューバの環境は東京代表の短期間での急激なレベルアップの一因に!【後編】【世界の高校野球】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第830回 キューバ遠征から見えた国際大会での戦い方【大会展望・総括コラム】
第828回 「チームが1つになった」と実感!キューバに1勝した東京代表の軌跡【大会展望・総括コラム】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
第803回 切磋琢磨した3年間を糧に飛躍を誓う!草薙柊太(国士舘高)【後編】 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
国士舘 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
バラバラに歩き、取材し、伝える 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る