高橋周平、村中恭兵、渡辺諒…現役東海大甲府OBは全員「ドラ1」

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.04

 2月1日に国内外でプロ野球12球団の春季キャンプが始まった。今年も日本一に向けてチームづくりを行っていくことになる。なかでも注目を集めているのが、中日ドラゴンズだ。

 ドラフト1位の根尾 昂大阪桐蔭高校)は軽度の肉ばなれを発症し二軍スタートとなってしまったが、毎日のように多くの報道陣が詰めかけている。また、移籍2年目を迎え背番号が「18」となった松坂 大輔の人気も健在。新旧甲子園のヒーローが話題の中心となっている。そんな中日の主将に今季から就任したのが、プロ入り8年目を迎える高橋 周平である。

現役OBは村中恭兵、渡辺諒、高橋周平



高校時代の高橋周平

 高橋は2011年ドラフト1位で東海大甲府高校から中日へ入団。ルーキーイヤーから41試合に出場し大きな期待をかけられていた。しかし、その後は故障もありレギュラーに定着できなかったが、昨シーズン初めて規定打席に到達。同時に2桁本塁打も記録し、中心選手に成長している。

 その高橋の母校である東海大甲府高校は、同じ東海大系列の東海大相模高校と比べると影が薄い。東海大相模高のOBには原 辰徳(巨人監督)、菅野 智之(巨人)、田中 広輔(広島)らが名を連ねるが、東海大甲府高OBでここまでの実績者は不在。

 現役だと高橋の他に村中 恭兵(ヤクルト)と渡邉 諒(日本ハム)が東海大甲府高校のOBだが、確固たる成績を残しているとは言い難い。村中は2度の2ケタ勝利があったものの、近年は低迷。今年は勝負の年になる。一方の渡辺は二塁のレギュラー候補ではある。しかし、現時点でポジションを確約されているわけではない。このキャンプ、オープン戦でのアピールが必要だ。

 そんななか、高橋は主将に任命されチームを引っ張っていく立場となった。2年連続での規定打席到達はもちろん、チーム全員をひとつに纏めていくことが求められている。

 ドラフト時を振り返ると村中は2005年、渡辺は2013年の1巡目指名だ。そう、高橋を含めて現役の東海大甲府高校OBは全員が「ドラ1」なのだ。ドラフト時に金の卵だった3人がプロの世界でそろって好成績を残すことに期待がかかる。

 

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
逸材たちに囲まれて育った小山翔暉(東海大菅生)の野球人生に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第940回 ライバルと先輩から刺激を受け続けた野球人生 小山 翔暉(東海大菅生)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭にあの2選手が入部!ネクスト球児たちの進路情報【野手編】 【ニュース - その他】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第33回 指導してきた約20年間で印象に残っている素晴らしい選手 平川 敦(北海)vol.8【名将たちの言葉】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
第883回 山口が生んだ大砲・前田健伸(山口東リトルシニア)が打ち破った中学野球の壁 【2019年インタビュー】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
菅野 智之(東海大相模) 【選手名鑑】
高橋 周平(東海大甲府) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
村中 恭兵(東海大甲府) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
すべてはこの夏のため!プレーをするのが楽しい高校野球で甲子園に行く!(富山)
次の記事:
西短附・江崎、日章学園を完封!【春季九州地区大会 20日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る