富岡西(徳島)創部120年目で歓喜の初聖地!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.25

胴上げされる小川浩監督

 「春のセンバツ」の名で日本国民に親しまれ、今大会は平成最後の甲子園大会としても注目される3月23日(土)より4月3日(水)の予定で兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催される「第91回全国選抜高等学校野球大会」。その出場32校を決める選考委員会が1月25日(金)に大阪府大阪市内で行われ、21世紀枠の西日本枠で創部120年目を迎える徳島県立富岡西高等学校が、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。

 1896年開校、日本ばかりでなく世界各国にOB・OGが点在する徳島県南部の伝統進学校に待ち望んだ瞬間が訪れたのは選考委員会の出場校発表が始まった直後であった。

 数多くの報道陣と学校OB・OGに阿南市「野球のまち推進課」関係者、そして同校野球部OBでもあり、22歳で秋季四国大会出場を果たした青年指揮官時代から甲子園の夢を描いていた小川 浩監督らが校長室をうずめる中、富岡西・吉田 光昭校長の電話が鳴ったのは15時2分のこと。「ありがとうございました。謹んでお受けいたしたいと思います」と吉田校長が電話に応対すると同時に、校長室内には「やった!」という声と拍手がいっぱいにこだました。

 その後、吉田校長は15時30分過ぎ、授業を終えてグラウンドに集まった部員たちを前に「君たちが努力してきたことと同時に地域に貢献してきたことも出場の理由評価になっています」と出場理由を報告。これに対し、最初は喜びの出し方を戸惑っていた部員たちも写真撮影が進むにつれて躍進の原動力となった順応力を発揮。小川監督の胴上げや校舎中庭における帽子投げの際は満面の笑みで創部120年目での悲願達成を表現していた。

 なお、小川監督と主将の坂本 賢哉(2年・右翼手)、高校通算15本塁打もマークする最速140キロ右腕・浮橋 幸太(2年・投手)のコメントは以下の通り。今後、チームはこれも大きなストロングポイントである「選手主導」の中でディフェンスを中心に甲子園初出場初勝利への方策を探究。3月9日(土)に兵庫県内で行われる滝川第二との対戦をスタートに、3月10日(日)は岸和田(大阪)、16日(土)は脇町、17日(日)は(大阪)といずれも阿南市内開催予定の練習試合を通じ、その精度をさらに高めて聖地へ乗り込んでいく。

【次のページ】 富岡西(徳島)創部120年目で歓喜の初聖地!(2)


【関連記事】
選抜出場の選手登録が明日で締め切り!どんなメンバーになるか? 【ニュース - 高校野球関連】
野球という競技が「子どもたち目線」で地域のためにできることとは? 【ニュース - コラム】
第34回 徳島県高野連ティーボール教室で感じた「子どもたち目線」で気付くこと【四国発】
第548回 「夢の舞台」想定で全国1勝を 富岡西【後編】【野球部訪問】
第836回 中国・四国の5枠目を勝ち取るのは?候補4チームを分析!【大会展望・総括コラム】
第833回 21世紀枠最終推薦校に選ばれた9校にはどんな逸材がいるのか??【大会展望・総括コラム】
第834回 21世紀枠18年分の出場チーム早見表!【大会情報・チーム紹介記事まで網羅!】【大会展望・総括コラム】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第511回 熊本工業高等学校 山口 翔選手「フォームと速球のこだわりは誰にも負けない」 【2017年インタビュー】
富岡西 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
規則委員会からの提言!ベンチ前キャッチボールを考える
次の記事:
バラバラに歩き、取材し、伝える 興南野球部恒例「1分間スピーチ」に迫る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る