森木大智、笹倉世凪、伊藤樹の中学軟式トップ3は高校でも投手として頂点に立つことができるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.20


森木大智、笹倉世凪、伊藤樹の中学軟式トップ3は高校でも投手として頂点に立つことができるか?

 2018年からの世代ナンバーワン投手は軟式出身が手中しつつにある。金足農吉田 輝星(北海道日本ハム)が天王中出身ならば、星稜奥川 恭伸は宇ノ気中出身と、軟式でプレーしていた。そして2019年4月に入学を迎える中学3年生は知名度・実力的にも中学軟式のトップ3が世代を牽引することになるだろう。

 1人目が森木 大智。高知中のエースとして、史上3校目の春夏連覇達成。さらに第56回四国中学校総合体育大会軟式野球競技の決勝戦では最速150キロをマークした。森木は投球の動画を見てもわかるように体重移動の横移動の上手さと上半身の旋回速度が中学生離れしているのだ。それは森木がより速いストレートを投げるためにトレーニングと投球フォームを追求しているのがインタビューからも見て取れるように、いろいろな高校生や中学生を取材しても別格の逸材だといえる。本人が高校で目指すのは「165キロ」と「高校通算50本塁打」。ぜひスケールが大きい選手を目指してほしい。

 そして森木と投げ合ったのは秀光中等教育の笹倉 世凪伊藤 樹である。左腕の笹倉は147キロを誇り、右腕の伊藤は144キロを誇る。2人を見ていて思うのは森木同様、中学生離れした上半身の回旋速度の高さが光る投球フォームだ。これまで中学生の投球を見ていてもフォームはしなやかに見えても、踏み出し脚が割れてしまったり、上半身の回転がいまいち速くない。14歳~15歳ならばそれも当たり前の話なのだが、笹倉と伊藤はそれが見えない。

 笹倉はインタビューで下半身の体重移動を意識し、体のブレがなくなったと答えてくれたように全身が連動した投球フォームとなった。体を沈め、テークバックを取ってトップに入ってからリリースに入るまでの回旋が非常に速く、鋭い腕の振りを生んでいる。ボールの速さだけではなく、ピッチングフォーム見れば掛け値なしの逸材であることが分かる。

 最後に紹介する伊藤も笹倉同様、一連のフォームが連動しているのが強み。まず左足を上げてから軸足がぶれずに真っすぐ立つことができていること。そしてテークバックを取ったとき、本人が意識するように左腕のグラブを斜めに伸ばして開きを抑えようとしている。トップに入ったとき、胸郭を上手く使い、トップに入ったとき、しっかりと胸に張れること。打者よりでリリースができていて、最後のフィニッシュでも軸足が強く蹴り上げて、左足に全体重が乗って終えていることが分かる。

 中学生で速い投手はどこか粗削りなところがあるのだが、彼らは全く粗削りなところが見えない。それでいてまだ体つきを見るとパンプアップできるところがあり、さらに球速が高まる予感をさせる。

 さて3人は高校に進んでもトップレベルでいられるか。過去のスーパー1年生と呼ばれた投手と比較しても、体幹の強さ、柔軟性があり、さらに無理のない体の使い方をしているので、活躍する可能性は十分に高いだろう。

【関連記事】
大学4年間でわずか1勝だったドラフト2位・梅津晃大(中日)。開幕ローテーションへ高い潜在能力を開花させるか? 【ニュース - 高校野球関連】
【動画】明徳義塾、高知高校撃破!隠れた強豪校・高知中央に密着! 【ニュース - 高校野球関連】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第26回 高校生はもちろん独立や大学、そして中学野球がランクイン!2019年人気インタビューベスト10!【インタビュー編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1096回 もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】 【2019年インタビュー】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
高知中央vs城東【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1023回 「最速150キロ1年生・エースナンバーでの『脱力宣言』」 森木 大智(高知) 【2019年インタビュー】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
四国発
伊藤 樹(仙台育英) 【選手名鑑】
笹倉 世凪(仙台育英) 【選手名鑑】
森木 大智(高知) 【選手名鑑】
高知商 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知海洋・高岡・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
徳島インディゴソックス・上間 永遠&岸 潤一郎 埼玉西武ライオンズと晴れて仮契約!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る