逸材豊富!2014年の東京を盛り上げた選手がプロで輝きを放つ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.10

日大三出身の伊藤裕季也選手(左)と帝京出身の清水昇投手(右)

逸材豊富!2014年の東京を盛り上げた選手がプロで輝きを放つ!

  各球団で新人合同自主トレが始まっているが、その中で最も早くブルペンに入った東京ヤクルトスワローズの清水 昇投手をはじめ、今年も東京の高校出身の選手が指名を受けた。

 清水は東東京の名門・帝京で2年生からエースとして登板。甲子園出場とはならなかったものの、戦国東都に属する國學院大學進学後し4年生の春に最優秀防御率を獲得。見事ドラフト1位でヤクルトに入団した。

 清水と同じ東都リーグを昨秋優勝し、横浜DeNAベイスターズに2位指名を受けた伊藤裕季也選手は西東京の名門・日大三から立正大に進学。明治神宮大会決勝戦・環太平洋大学戦で逆転ツーランを放つ勝負強さでチームを優勝に導いた。

 また巨人のドラフト1位左腕・高橋 優貴東海大菅生出身。3年生の夏、伊藤擁する日大三準決勝で破り、決勝戦まで進んだが、日大鶴ヶ丘に1対2で敗れ甲子園とはならなかったが、八戸学院大に進学し、最速150キロを超える速球を投げる左腕へ成長し、プロの世界を切り開いた。

 同学年で先にプロで戦っているオリックス・バファローズの鈴木 優都立雪谷出身)だ。都立の星として期待された鈴木は最速150キロまで球速が伸び、一軍登板が2試合。昨年はU-23代表として日本代表となった。高卒2、3年で戦力外され、ユニフォームを脱いでいる選手もいる中、なんとか生き残っている。

 2014年の東京の夏を沸かせた選手たちが今度はプロ野球を熱く盛り上げてくれることを期待したい。

 記事=編集部

【関連記事】
主将で4番・水谷 祥平(龍谷大平安)が選抜で見据えるものとは!? 【ニュース - インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
過去の選抜大会初戦の好カードをプレーバック!ドラフト候補対決編! 【ニュース - 高校野球関連】
東海大菅生vs暁星国際【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
帝京大可児vs関東一vs健大高崎【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第848回 激戦区多数!本戦へ進むのは?【春季都大会・1次予選展望】【大会展望・総括コラム】
第842回 2019年は戦力充実の東海大菅生がリード!日大三、帝京は捲土重来なるか?【東京都大会抽選前展望】【大会展望・総括コラム】
第564回 意識から改善しセンバツで勝利を目指す!国士舘【後編】【野球部訪問】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第856回 打撃急成長の小松涼馬(帝京)は誰よりも肝が据わっている! 【2018年インタビュー】
東京代表vs日大三【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
国士舘vs東海大菅生【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
東海大菅生vs早稲田実業【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
清水 昇(帝京) 【選手名鑑】
鈴木 優(都立雪谷) 【選手名鑑】
高橋 優貴(東海大菅生) 【選手名鑑】
都立小平 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立雪谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
甲子園3度出場の左腕・三浦 瑞樹(東北福祉大) 侍ジャパン大学代表候補合宿は今後の糧に!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る