秋の四国王者・神宮大会ベスト4・県立高松商(香川)練習に密着! 

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.07

甲子園出場ベンチ入りメンバーが刻まれたモニュメント前で集合写真に収まる高松商の選手たち

新基軸に挑戦する「2019年版・タカショウ」

 投手とマシンで交互に打つ2か所フリーバッティングでは「ランナー一塁!」と声がかかり、打球に呼応してランナーが走る。内野手が飛びつく。外野手が捕球すればすぐに返球のラインができ、走者はスライディング。横で三塁コーチャーも指示を出す。そしてマウンド上を見ると香川 卓摩(2年)・中塚 公晴(2年)の左右2本柱をはじめ投手陣のほとんどが力投する。しかもこれが高松商野球部2019年1月4日「始動最初」のアップ後メニューだ。

 「暖かい時にはこういった練習をしています」と長尾 健司監督がこともなげに話せば、四国選抜オーストラリア遠征帰りの香川も「元旦からグラウンドで動いていたんで」とさも当然のように話す。2015年明治神宮大会優勝に続き、2016年センバツでも聖地を席巻し準優勝の原動力となった効率化と選手主導の融合による濃密な練習は、4年の月日が経った今でも脈々と受け継がれている。

 加えてこの日は新たなチャレンジも行われた。「午後から目標設定シートに対するミーティングをはじめてやるので見ていってください」と指揮官。野球技術のみならず、生活面、学習面にも目を向けた「目標設定シート」に、他己評価の要素を注入するというのだ。

 そして実際にミーティングが始まってみると「ダメ出し」の嵐が会議室にまず吹き荒れ、続いて新機軸の胎動が生まれていった……。

 

 高松商のさらに詳しい話は近日公開の「野球部訪問」や「頑張る!マネージャー」で紹介していきます。お楽しみに!

(記事=寺下 友徳

【関連記事】
全国区の強豪校・横浜の立ち振る舞いから見えた、これからの野球に必要なもの 【ニュース - コラム】
第50回 横浜高校野球部に見た「野球の未来像」=「強く、正しく、カッコいい」【四国発】
横浜、高松商に9点差大逆転!4連勝で招待試合を終える 【ニュース - 高校野球関連】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
富岡西vs高松商【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
高松商vs高知【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
市立和歌山vs高松商【第91回選抜高等学校野球大会】
高松商vs春日部共栄【第91回選抜高等学校野球大会】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
中塚 公晴(高松商) 【選手名鑑】
高松商 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
第101回大阪大会組み合わせ決定!逸材20名リスト!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る