黄金ルーキー藤原恭大は開幕一軍切符をつかめるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.15

 プロ野球は日本シリーズも終わり各チームともに来シーズンへ向け、動き始めている。と同時に、先日のドラフトで指名された選手たちも、仮契約を行うなどプロ入りへの第一歩を踏み出した。各選手ともにまずは開幕一軍、そしてスタメンを目指していくことになる。

藤原はオープン戦一軍帯同が濃厚



藤原恭大(大阪桐蔭高→ロッテ1位)

 そのなかで藤原 恭大大阪桐蔭高→ロッテ1位)が注目を集めている。

 ロッテの井口資仁監督は藤原を2月1日に行う予定の紅白戦で起用し、故障などのアクシデントがない限り、オープン戦期間中も一軍に帯同させることを明言したのだ。

 井口監督は今シーズンの開幕戦で高卒新人ではないものの、藤岡 裕大菅野 剛士とふたりのルーキーを開幕スタメンで起用。キャンプ、オープン戦で結果を残すことができれば開幕一軍だけでなく、スタメン出場も見えてくる。

 藤原への期待は高まるばかりだが、高卒野手が1年目からレギュラーを張り続けるのは簡単なことではない。

 高卒新人の規定打席到達は1988年の立浪 和義(中日)以来、不在となっていることからもその事実はよくわかる。高校生史上最多となる7球団競合となった清宮 幸太郎(日本ハム)ですら、開幕スタメンはおろか、一軍入りも果たすことができなかったのだ。

 その他で高卒ルーキーの開幕スタメン出場は2013年の大谷 翔平(日本ハム/現エンゼルス)や2011年の駿太(オリックス)らの名前が挙がる。そんな彼らもシーズンを通してレギュラーに定着することはできず、規定打席に到達していない。

 さらには、山田 哲人(ヤクルト)や上林 誠知(ソフトバンク)、中田 翔(日本ハム)、丸 佳浩(広島)といった日本を代表する選手は開幕一軍どころか、一軍出場の機会も与えられたなかったのである。

 このように過去の事例から見ても藤原の開幕スタメン起用、そして規定打席到達への道のりは険しい。果たして藤原は幾多の試練を乗り越え、開幕一軍、そしてスタメン、さらには規定打席到達と結果を残すことができるだろうか。その活躍ぶりに期待したい。

 

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
【動画】これが山田健太(大阪桐蔭-立教大)の打撃!大学ですでに2本塁打を記録! 【ニュース - 高校野球関連】
今季ベストナイン受賞・田村 龍弘捕手(千葉ロッテ)の逸話を恩師・仲井宗基監督が語る! 【ニュース - コラム】
第1022回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1021回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 憧れは中田翔!2年生4番・西野力矢(大阪桐蔭)はチームの勝利の為に打ち続ける 【2019年インタビュー】
第995回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る