北の怪腕・西原健太(札幌大谷)、復活を印象付ける球威抜群のストレート!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.09

7回自責点1の力投を見せた西原健太(札幌大谷)

 最速142キロ右腕・西原 健太札幌大谷)がついに怪腕のベールを脱いだ。北海道大会では不調に苦しみ、防御率は4点台。神宮大会まで期間が空いたので、札幌大谷大の監督である神田幸輝氏の元でフォームの修正に励んだ。神田氏はJR北海道のエース右腕として活躍し、2007年には4強に導く活躍を見せた北海道野球のレジェンドと言っていい存在。そんな神田氏から指摘されたことは軸足の使い方だった。

「自分は軸足の膝が前に折れすぎる癖があって、それで体を使えていなかったんです。北海道大会では、ストレートが全くダメだったので、良いストレートを投げるために取り組んできました」

 フォーム修正は実り、強力打線として警戒していた龍谷大平安打線に対しても臆することなく、ピッチングを組み立てていった。右オーバーから投げ込む直球は常時130キロ後半を計測し、北海道大会の時と比べて全く勢いが違う。120キロ前後のスライダー、スプリット、さらにカーブを精度よく組み当てるピッチングはまるで別人だった。

「今日はスピードを意識せず、球威ある直球を投げることを意識しました。それが投げられてよかったですし、龍谷大平安打線に投げられたことは自分にとって自信になったと思います」と手ごたえを感じている様子だった。

 ただ6回表には守備のミスが相次ぎ、4失点。
「あそこで踏ん張れないのが僕の課題ですし、次の試合や冬に向けての課題となりました」と淡々と振り返った。

 7回まで投げて5失点だったが、自責点1。復活を印象付けるには十分な力投だった。

■開催期間:2018年11月9日~11月13日(予定)
■試合日程・応援メッセージ
第49回 明治神宮野球大会

■トーナメント表

【関連記事】
世代の逸材揃う神宮大会を徹底総括 【ニュース - コラム】
第782回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
札幌大谷の優勝で幕を閉じた平成最後の神宮大会を総括! 【ニュース - コラム】
第781回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第834回 エースは俺だ!神宮大会優勝投手へつなげた投球改革 西原健太(札幌大谷) 【2018年インタビュー】
第832回 8回まで無安打の太田流星(札幌大谷)!変幻自在のピッチングのルーツに迫る 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
札幌大谷vs国士舘【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第780回 進化し続ける奥川恭伸 西純矢を攻略した広陵打線でさえも太刀打ちさせず!【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第777回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第2回 札幌大谷高等学校(北海道・北海道地区代表)「全道を制覇した強力打線で全国に挑む!」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
札幌大谷vs札幌第一【北海道 2018年秋の大会 第71回秋季北海道高校野球大会】
第335回 敦賀気比高等学校 林中勇輝選手「主将としての重圧を乗り越えて」 【2015年インタビュー】
第334回 秀岳館高等学校 九鬼隆平選手「借りはセンバツで返す」 【2015年インタビュー】
西原 健太(札幌大谷) 【選手名鑑】
札幌大谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る