武岡龍世(八戸学院光星)必死の大会第1号!工夫を重ねた好守備で初戦突破に貢献!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.09

ホームランを打った武岡龍世(八戸学院光星)

 11月9日、明治神宮大会が開幕。第1試合は八戸学院光星が7対3で東邦に勝利。武岡 龍世主将が9回表にバックスクリスーンへ大会第1号本塁打を放つなど上々の神宮デビューを飾った。

 大会注目の遊撃手の独り舞台だった。第1打席、いきなり左前ヒット。
「アウトコースを逆らわずに逆方向への打撃は自分のバッティングです」と語る武岡。この打撃を見て、東邦は一転して、内角攻め。

 内角ストレートに苦しんでいたが、迎えた9回表の第5打席。武岡は「インコースはくるので、狙っていました」

すると、インコースに投じたボールが高めのストレートに入った。
「置きにきたボール。打った瞬間、手応えがありました」

 打球はバックスクリーンに消える大会第1号となった。本塁打の瞬間、右腕を突き上げた。武岡にとって、人生初のバックスクリーン弾。これで高校通算14号本塁打となった。大会前に不調に苦しんでいたが、夜中に1時間の素振りを繰り返し、フォーム修正。初戦にしっかりと合わせた。また、守備でも工夫が見られた。この日、試合前から雨が降っていた。ここで武岡は「ボールが濡れているので、握りづらさがありました。そのため今日はワンバウンドスローの方が一塁手は捕りやすいと思ってワンバウンドスローにしました」
遠投110メートル。深い位置からでも強いボールを投げる自信はある。それでも欲を出さずに、確実にアウトにできる方法を選び、無理のない守備でアウトを積み重ねた。

 「憧れの坂本 勇人さんがプレーする神宮球場でバックスクリーン弾が打ててうれしかったです」と笑顔を見せる。そして武岡自身、楽しみにしている対戦がある。それが次の準々決勝で対戦する香川商のエース・香川 卓摩との対決だ。武岡はヤング徳島ホークス時代、東かがわリトルシニア出身だった香川と練習試合などで対戦していた。武岡は主将で主力打者へ、香川はエースへ成長。11日、神宮の舞台で実現する「四国対決」を制し、2011年以来の優勝を狙う。

■開催期間:2018年11月9日~11月13日(予定)
■試合日程・応援メッセージ
第49回 明治神宮野球大会

■トーナメント表

【関連記事】
木製バットへの対応はいかに?研修合宿で輝きを放った野手陣をピックアップ! 【ニュース - コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
U-18日本代表第1次候補選手37名が発表! 【ニュース - 高校野球関連】
広陵vs八戸学院光星 2【第91回選抜高等学校野球大会】
広陵vs八戸学院光星【第91回選抜高等学校野球大会】
第860回 広陵vs八戸学院光星が実現するなど見応えたっぷり!大会4日目の見所【大会展望・総括コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第570回 2019年の山梨学院は小倉清一郎氏の指導でどう進化していったのか?【野球部訪問】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
高松商vs八戸学院光星【2018年 第49回明治神宮野球大会】
八戸学院光星vs東邦【2018年 第49回明治神宮野球大会】
八戸学院光星vs盛岡大附【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
すべてはこの夏のため!プレーをするのが楽しい高校野球で甲子園に行く!(富山)
次の記事:
西短附・江崎、日章学園を完封!【春季九州地区大会 20日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る