仮契約1番乗り!根尾は立浪型?それとも荒木型?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.08

 日本シリーズも終了し、プロ野球はオフシーズンへと突入した。戦力外通告、新外国人選手獲得、ドラフト指名選手との仮契約、FA宣言……と編成面の話題がメディアを賑わせている。今年のドラフト指名選手で最も注目度が高い、と言っても過言ではない根尾 昂大阪桐蔭→中日1位)も仮契約を締結した。

 その日本シリーズの熱戦が終わった翌11月4日に根尾は中日と初交渉し、ドラフト指名選手のなかで最速の仮契約となった。根尾はその席では二刀流ではなく、遊撃手一本で勝負することも伝えたという。開幕一軍、そしてレギュラー奪取となるのか注目が集まる。

じっくり育てられた荒木と1年目からレギュラーの立浪



根尾 昂(大阪桐蔭)

 さて、その中日が高校生内野手をドラフト1位で獲得したのは、2011年の高橋 周平東海大甲府)以来7年ぶりとなる。高橋も大きな期待をかけられ1年目から一軍で41試合に出場し、2本塁打を記録している。その後は少し伸び悩んだものの、今シーズンは自身初となる規定打席にも到達し打率.254、11本塁打、69打点とまずまずの成績を残した。中日がじっくりと時間をかけて、成長を促してきた例と言っていいだろう。

 分離ドラフトを除くと、中日の高校生内野手のドラフト1位には2003年の中川裕貴(中京)、2002年の森岡良介(明徳義塾)、そして1995年の荒木雅博(熊本工)の名前があがる。中川、森岡は大きな実績を残すことはできなかったが、荒木は走塁、守備で実力を発揮し2000本安打を達成。長きに渡ってチームを支えてきた。その荒木も1年目は一軍出場がなく、デビューは2年目だった。また、初めて規定打席に到達したのは2002年とプロ入り7年目のこと。やはり、徐々に実力をつけてきたパターンだ。

 荒木の前は1987年の立浪 和義PL学園)となる。立浪は高卒1年目から遊撃手でレギュラーを獲得し、ゴールデングラブ賞を受賞。その後も通算2480安打を放ち名球会入りも果たしたレジェンドだ。立浪以降、高卒新人野手の新人王は誕生していないことからも、その偉大さはわかるだろう。

 根尾は荒木や高橋のようにじっくりと育てられるのか、はたまた立浪のように1年目からレギュラーを奪う活躍をみせるのだろうか。その動向に注目したい。

(記事=勝田 聡)

【関連記事】
U-18代表の歴代3番打者は受賞選手が多い? 顔ぶれと成績を振り返る 【ニュース - コラム】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 高卒2年目「竜のエース」に向けて 【ニュース - コラム】
第86回 清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ【高校野球コラム】
第193回 根尾昂は将来の一流候補はどうあるべきかを教えてくれる選手だった【ドラフト特集コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
第466回 柳 裕也投手(横浜-明治大)「横浜高時代に取り組んだ猛練習漬けのトレーニング」・前編 【2016年インタビュー】
第401回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【後編】「練習では緊張して、試合では気楽に小技を決めよう」 【2016年インタビュー】
第400回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手【前編】「バント成功の秘訣は『間』と『コース』」 【2016年インタビュー】
高橋 周平(東海大甲府) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
二松学舎大附や国士舘、都立小山台など有力校が都大会へ【秋季東京都大会一次予選・結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る