明治神宮大会、出場校の秋季地区大会のスタッツから各チームの特徴を知る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.08

 明治維新百五十年記念 第49回明治神宮野球大会は8日に開会式が行われ、9日から試合が始まります。

 今回は高校の部の出場校の秋季地区大会のスタッツを紹介します。



 1試合平均得点と平均失点はそれぞれのイニングで計算しています。例えば9回2アウトからサヨナラ勝ちなら、攻撃イニングは8回3分の2という具合です。

 試合数にはバラつきがありますが、各校の特徴をこのスタッツからぜひ想像してみてください!

■開催期間:2018年11月9日~11月13日(予定)
■試合日程・応援メッセージ
第49回 明治神宮野球大会

■トーナメント表

(文:松倉 雄太

【関連記事】
明治神宮大会、是非注目したい指導者の選手を考えた投手起用! 【ニュース - 高校野球関連】
星稜、札幌大谷が決勝進出!【神宮大会・12日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第780回 進化し続ける奥川恭伸 西純矢を攻略した広陵打線でさえも太刀打ちさせず!【大会展望・総括コラム】
第777回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第1回 東邦高等学校(愛知・東海地区代表)ミラクルが持ち味で、この秋も見せた9回裏の大逆転【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第96回 全国の球児が対戦したい神宮大会出場選手は?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第335回 敦賀気比高等学校 林中勇輝選手「主将としての重圧を乗り越えて」 【2015年インタビュー】
第334回 秀岳館高等学校 九鬼隆平選手「借りはセンバツで返す」 【2015年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
大谷翔平、新人王!今後、日本の野球界が求められること
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る