東京都高野連がU17代表のセレクションを実施!参加選手が刺激を受ける有意義なイベントに!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.11.05

井上広輝(日大三)

東京都高野連がU17代表のセレクションを実施!参加選手が刺激を受ける有意義なイベントに!

 11月6日、東京都高野連は12月に行われるキューバ遠征の代表選手のセレクションをダイワハウススタジアム八王子で開催した。高野連の役員が各地を視察し、選手を推薦。また各校の指導者の推薦から選ばれた選手を合わせて、約100名近くの選手が参加。午前、午後の部に分かれて行われた。

 野手はシートノック、フリー打撃、ベースランニング。投手はブルペン、フリー打撃、ベースランニングを行って、チェックが行われた。この方式は代表スタッフが考えたもの。帝京・前田監督は「公平を期するために、同じやり方で選出することになりました」と説明。また、今まで代表選考はセレクションはなかったが、これもスタッフの話し合いで、セレクションを実施することを決めた。推薦選手の人数の制限はなく、多くの選手が出場した。
「みんなで見て、みんなで選ぶ方式を行おうと思ったんです」と前田監督は今回のセレクションの意図を説明した。


ベースランニングの様子
 また選手たちにとっては他校の選手と一緒にプレーする機会はなかなかない。得られるものは大きかった。工学院大附渡邊 充は「東京トップレベルの選手たちはこんなに(レベルが)高いのかと驚かされましたし、一緒にキューバに行きたいという気持ちになりました。また普段の練習では見られないレベルが高い選手ばかりなので、本当に勉強になりました」と刺激を受け、また明星の鈴木歩夢は「木製バットで練習をしてきたのですが、東海大菅生の選手たちのレベルの高さに驚き、自分たちとの差をすごく感じました...」と驚きの様子。高校通算28本塁打の強打の捕手・荻野 魁也岩倉)は「東海大菅生の小山君、二松学舎大附の山田君は意識しています。負けたくないですし、今日の打撃練習でも結構飛ばせたので良いアピールができたと思っています」と振り返った。

 今回のセレクションでは、木製バットを使う。セレクションに参加することが決まった選手はここに向けて練習を行ってきた。日大鶴ヶ丘の中島健輔は、「芯で当てないと飛ばないですし、また軸足でしっかりとためて打つことが大事だと実感しました」と話すなど、セレクションに向けて木製バットで練習してきたことは選手の技術向上に一役買っている。

 代表選手20名は6日14時より東京都高野連のHPにて発表され、7日に記者会見が行われる予定だ。

取材=河嶋 宗一

【関連記事】
中学では外野手!?習志野エース・飯塚脩人が語る野球人生とは? 【ニュース - インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
昨年の侍ジャパンU18代表6名が学生表彰選手!そこから見えるものとは 【ニュース - その他】
第190回 ドットコム編集部が選ぶプロスペクト30リスト!上位30名はこの選手たちだ!【ドラフト特集】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第17回 2018年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第845回 リトルシニア屈指のリードオフマン・内囿光人(世田谷西リトルシニア)が見据える高校野球とは?! 【2018年インタビュー】
東京代表vs日大三【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第816回 打たせて取るスタイルに磨きをかける!中村晃太朗(東海大菅生)が目指す投手像 【2018年インタビュー】
目白研心vs日大三【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
近江vs日大三【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
井上 広輝(日大三) 【選手名鑑】
都立小平 【高校別データ】
東京都市大塩尻 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る